CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2017/7/20

アルバイトの教育方法|絶対にやってはいけない3つの行動

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の前の仕事に追われるあまり、新人アルバイトの教育が雑になってしまうことも現場では少なくありません。
 
忙しいのは仕方がないことなのですが、そんな時につい取ってしまう教育担当のこんな行動が、実は新人アルバイトのモチベーションダウンに繋がり、「なかなか仕事を覚えない」「すぐに辞めてしまう」という事態を招いてしまいかねないのです。
 
「最近のアルバイトは仕事の覚えが悪い」
「うちのアルバイトはすぐに辞めて困る」
 
そんな現場に課題を感じているならば、新人アルバイトの教育現場を振り返ってみましょう。
 
新人アルバイトが仕事を覚えない、やる気がないのは、新人アルバイトの教育担当のこんな言動にあるかもしれません。
 
 
 

1:「アルバイトの教育なんて面倒くさい」と思っている

 
新人アルバイトの教育には、時間がかります。教えている間は、自分が本来やるべき仕事はできません。
 
最初から仕事がスムーズにできる新人アルバイトはそうはいませんから、何度も教えなければなりません。時には、「自分でやったほうが早いからやってしまおう」と思うこともあるでしょう。そんな時につい、
 
「教えても、どうせすぐに辞めてしまうかもしれない。そしたら、教えた時間も無駄になってしまう。アルバイトに教えるのなんて、本当に面倒くさい」
「一体、何度説明したら、覚えてくれるのだろう。本当に覚えが悪くてイヤになる」
 
と思ってしまっていないでしょうか。
 
口には出さなくても、その思いは表情や態度、言葉に表れて、確実に新人アルバイトに伝わります。それが、「この職場は、仕事をきちんと教えてくれない」「先輩の雰囲気も悪いし、違う仕事にしよう」とアルバイトがすぐに辞めてしまう状況を作ってしまうのです。
 
そして、仮にその新人アルバイトがそんな教育担当の態度にめげずに仕事を続け、今度は自分が新しいアルバイトを教える立場になったとしましょう。
 
多くの人は、自分が接してもらったように後輩にも接します。高い可能性でその人は、新しいアルバイトにも「教えるのが面倒」というスタンスで接するでしょう。こうして、居心地の悪い職場が作られてしまうのです。
 
 
 

2:「後は見て覚えて」「その都度、聞いて」で済ませる


 
新人アルバイトの教育現場では、1度大まかな流れや主な作業を説明した後に、「後は見て覚えて」「マニュアルがあるから、これを読んでおいて」で済ませることもよくあるでしょう。
 
「自分も先輩にそう指導されてきたし、何がいけないのか?」
 
と思うかもしれませんが、このような指導方法でついていけるのは、もともとやる気があり、理解力やコミュニケーション能力のある優秀なアルバイトです。アルバイトで採用される人が、全員その能力を備えているわけではありません。
 
「見て覚えて」と言われても、新人アルバイトにはその作業を何のためにやっているのか、その作業が何故重要なのかがわかりません。作業の意味がわからなければ、その作業を「やらなくてもいいや」と勝手に判断してしまう可能性があります。これでは、新人アルバイトの早期戦力化は難しいでしょう。
 
また、自分でマニュアルを読んでおくことは、もちろん大切です。何でも手取り足取りでは、新人アルバイトにとってもよくありません。
 
しかし、マニュアルで特に重要なこと、特に現場で気を付けたほうがいいこと、よく起こりやすいミスなどは、口頭で説明したほうが記憶に残り、早く身に付きます。
 
「わからなかったら、その都度聞いて」では、そもそも新人アルバイトにとっては、「何がわからないのか、わからない」という状況になりがちです。忙しそうに働くベテランバイトや社員に声をかけるのを、躊躇してしまう新人アルバイトも少なくありません。
 
このように「後は見て覚えて」「マニュアルを読んでおいて」の教育方針では、新人アルバイトは仕事のコツが掴みにくく、仕事の覚えが悪くなり、ミスをし、叱られ(怒られ)て、仕事や職場が嫌になって辞めてしまう…という悪循環に陥いる可能性が高くなります。
 
この悪循環を避けるためにも、「見て覚えて」「マニュアルを読んでおいて」は極力避けましょう。新人アルバイトが自ら学ぶ姿勢も大切ですが、商品知識やサービス知識は、マニュアルを読んで覚えるよりも、人から教えられるほうが理解も早く、身に付きます。
 
また、1度の説明で終わりにするのではなく、繰り返し説明することを面倒がらず、新人アルバイトの仕事の様子を見て、困っていることはないか、わからないことはないか声をかけるようにしましょう。
 
 
 

3:作業手順だけを教えている

 
新人アルバイトに仕事を教える時に最もよくやってしまいがちなのが、忙しさのあまり作業手順しか教えないことです。たとえば、レストランの応対を例にしてみましょう。お客様が入店したときのフローとして、
 
□お客様が入店した時には、席に案内する。席は○番の席から案内していく。
□案内したらすぐにお水とおしぼり、メニューを持っていく。
□お客様に呼ばれたら、オーダーを取りに行く。
 
という作業があったとします。この手順だけ教えれば、ある程度の応対はできるようになるでしょう。
 
しかし、現場の業務の1つ1つには必ず理由と目的があるはずです。それを伝えないと、新人アルバイトが勝手に判断し、簡単に見えるけれど実は重要な作業を飛ばす、後回しにする、重要でないと思って忘れる、という事態が発生します。
 
○番の席から案内するのは、なぜか。
すぐにお水とおしぼりとメニューを持っていくのは、なぜか。
 
新人アルバイトに教育する際には、たとえ常識的なことであっても、きちんと明確に言葉にしてその作業の理由を伝え、作業の意味や重要性を理解してもらうようにしましょう。
 
仕事の意味や重要性を伝えていると、時間はかかりますが、その分商品やサービスへの理解や思いが深まり、仕事を早く覚え、お客様にも質のよい対応ができるようになります。遠回りに見えますが、実は早期戦力化の近道なのです。
 
 
「丁寧に教えている時間なんてない。現場は忙しいのだから、仕事は見て覚えて、早く戦力になってほしい」
 
そんな現場スタッフの本音もあるでしょう。目の前の業務が忙しく、新人アルバイトの教育がおざなりになってしまうことも現実には多いかもしれません。
 
しかし新人アルバイトが早く一人前になり、長く仕事を続けてくれれば、店舗のサービスの質は安定・向上し、ベテランバイトや社員の仕事の負担も軽くなり、新たなバイトの採用や教育に時間とコストを費やさなくて済むという大きなメリットになります。
 
新人アルバイトの教育は、仕事を覚えてもらうだけでなく、この職場で大切にしているマインドや仕事の意味と重要性を伝え、新人アルバイトのモチベーションを高める重要な機会です。
 
アルバイトがなかなか仕事を覚えなかったり、すぐに辞めてしまったりすることに課題を感じていたら、ぜひ一度新人教育のコミュニケーションを見直してみてください。