CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2017/10/11

社員の離職率が下がって業績が上がる「社員思い」の会社とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員の離職率が高い。現場の士気も低く、職場が停滞している。そんな状況を、
 
「最近の社員は、やる気がないから仕方ない」
「うちの現場の仕事はきつい(つまらない、退屈)だから、仕方ない」
「どうにかしたいが、どうしていいかわからない」
 
と半ば諦めてしまってはいませんか。
 
しかしどんな職場でも、社員の離職率の高さや現場の士気の低さを改善することはできます。一般的に人が採用しにくく、離職率も高いと言われる「3K(きつい、危険、汚い)職場」でさえ、社員との向き合い方を変えることで、社員が辞めない、現場の士気も高い会社となります。

それはどんな会社なのか。どのように社員と向き合えばよいのか。次の2社の事例をみてみましょう。
 
 
 

入社希望者が殺到する廃棄物処理業者・真田ジャパン

 
まず1社目の事例が、廃棄物処理業を展開する「株式会社真田ジャパン(栃木県那須塩原市)」です。
 
一般的に廃棄物処理業は、就職先としては敬遠されがちですが、同社では求人募集もしていないのに、口コミで入社希望者が殺到します。さらに辞めないどころか、親子2代、3代で働く社員もいます。
 
このように入社希望者が殺到する廃棄物処理業者は、そうはありません。それにも関わらず、同社がそこまで「働きたい」と思われる理由が、徹底した「社員思い」の姿勢なのです。
 
それは一体どのようなものか。しばらく前になりますが、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)でも紹介されていた、真田ジャパンの取り組みの一例をみてみましょう。
 
 

【真田ジャパンの「社員思い」の施策】
 
・「ごみ収集だからこそきれいに」の思想から、社員には毎日クリーニングしてきれいにした制服を支給。(制服も一般的な清掃員の作業着ではなく、蝶ネクタイのついたシャツ)
・汚れたら、作業中でもきれいな制服に着替える。
・課長以上には、家族にもボーナスを支給。
・勤続10年で家族全員に海外旅行をプレゼント。
・ごみ収集車は毎日40分かけて清掃し、10年使用しても臭いはほとんどない。
 
 
上記の施策には「社員に気持ちよく、安心して働いてほしい」「社員の家族も大切にしたい」という経営姿勢が表れています。社員だけでなくその家族まで思いやる姿勢が、親子2代、3代と働きたくなる魅力となっているのです。

 
 
 

離職率30%超が実質ゼロになった長岡塗装店

 
もう1つの事例は、廃棄物処理業と同様に3K職場と言われる塗装業を営む「長岡塗装店(島根県松江市)」です。
 
若者や女性から就職先として敬遠されがちな塗装業界は、現場の高齢化が全国的にも深刻な問題となっています。長岡塗装店も約20年前までは、この問題に悩む企業でした。
 
それが今では、30%以上あった離職率が実質ほぼゼロとなり、女性社員の比率も14%から50%にアップ。さらに、社員が取得した国家資格がかつての23件から66件と大幅に上昇し、社員の質も高まっているのです。
 
この劇的な変化をもたらしたのも、長岡塗装店の「社員思い」の取り組みでした。その一例をみてみましょう。
 
 

【長岡塗装店の「社員思い」の施策】

・30分単位で子どもの看護休暇が取得できる。
・本人や妻の出産祝い金として10万円を支給
・認可、無認可問わず保育料の3分の1を補助
・育児や看護のために始業時間や終業時間を繰り下げ、繰り上げ可能に。
・年次有給休暇を1時間単位で取れることとする。
・希望者は70歳まで雇用延長。
 
 
これらは育児中や介護中の社員だけでなく、「様々な年齢や立場の従業員の仕事と生活の充実を、会社が支援する」という思いから作られています。「30分単位で看護休暇が取得できる」などのユニークな施策も、真剣に「社員が仕事を続けやすい環境は何か」を考えたからこそ生まれた発想と言えるでしょう。
 
 
 

「社員思い」の姿勢が生み出す好循環


 
この2社に共通するのが、社員とその家族の生活までを考える徹底した「社員思い」の姿勢です。
 
表面的な福利厚生制度ではなく、経営者が社員のために本気で考えている姿勢が伝わり、施策という形になっていれば、「その思いに応えたい」という気持ちが社員にも生まれてきます
 
この気持ちが仕事の質とモチベーションを高める要因となり、仕事の質が上がるので顧客から褒められたり、感謝されたりする機会が増えます。
そうなると更に「もっといい仕事をしよう」とモチベーションが上がり、売り上げも拡大する好循環となります。
 
実際にこの2社では、入社希望者の殺到や離職率の低下だけでなく、売上も拡大しています。真田ジャパンでは、営業がいない組織にも関わらず仕事の依頼が後を絶たず、事業が県外へと拡大し、長岡塗装店の従業員は約20年で2倍に増えたそうです。
 
「社員思い」の姿勢で会社が社員に向き合えば、会社は変わります。
 
社員が働きやすい環境にするためには、何が必要なのか。
社員が誇りを持って仕事に取り組めるようにするには、どうしたらよいのか。
社員が安心して仕事を続けるためには、どうしたらよいのか。
 
離職率の高さや士気の低さに課題を感じていたら、「社員思い」の視点から何ができるかを一度真剣に考えてみませんか。
 
 

(参考記事:
「知恵の経営」第33回 3K・5K現場変えた改革(フジサンケイビジネスアイ 2015.8.19)

「カイシャの鑑」 希望者が殺到する「3K」職場(テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」)