CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


EVENT   2017/10/11

2017年10月18日(水)17:00~ 3年離職率を下げるための3つの方法~3年3割と言われる新卒離職率をどうすれば改善できるのか~セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┿ 
3年離職率を下げるための3つの方法 
~3年3割と言われる新卒離職率をどうすれば改善できるのか~ セミナー 
┿━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆┿ 
有効求人倍率が年々上がり続けている昨今、中途採用だけ行っていた企業様が続々と新卒採用にも着手するという事例が今年度目立っています。 
 
ライバル企業の増加により今後更に激戦が予想される新卒採用マーケットですが、労力と時間とお金をかけて採用した新卒社員が3年以内に離職してしまう確率は約3割…と非常に高い比率である状況は一向に変わっていません。 
 
そのため人事担当者からは、「相当なお金と時間をかけて良い人材を採用したにも関わらず、すぐに辞めてしまった」という嘆きや「人材が定着しないので、常に採用し続けている」といった声がよく聞かれます。 
 
新卒採用が終了しても、抜けた穴を埋めるために今度は中途採用を行わなければいけない・・・という負のスパイラルに陥るため、企業が採用に掛ける時間と労力は増すばかりなのです。 
 
また、入社した人材には、採用費以外にも、研修費用や採用した人材が会社に貢献するまでの投資費用などいろいろな費用が掛かっているため、実際はおよそ数百万円の損失と言われます。新卒採用でかかった経費を取り戻すためには、3年かかるとも言われる程。 
 
採用コストは、採用手段にかかった費用という単発のコストで見るのではなく、採用・定着までを踏まえたトータルのコストで見なければ、問題の本質を捉えることはできません。 
 
なぜ採用した人材が定着しないのか、採用された人材の目線でお伝えするとともに、定着率アップのための課題抽出、社内体制の整え方といった具体的な手法などをご紹介します。 
 
                 ◇◆◇ 
 
主催→ 株式会社アールナイン 代表取締役社長 長井亮 
会場→ 虎ノ門ヒルズ森タワー 7階(東京メトロ「虎ノ門駅」1番出口 徒歩約5分) 
受講費→無料 
詳細・お申込み→ こちら