CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2017/10/12

新卒採用の内定辞退を防ぐ!学生とのコミュニケーションで大事なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ぜひ入社したいと思っています」
「ぜひ○○さんと一緒に働きたいです」
選考期間中はそう入社の意欲を見せてくれていたはずなのに、なぜか途中から雲行きが変わり、突然内定辞退の連絡が。
 
または、ぜひ入社してほしい学生に一生懸命アプローチしていたけれど、結局内定を辞退されてしまった。
 
そんな経験はありませんか。
 
新卒採用をする採用担当者が最もダメージを受けるのは、そんな「予期せぬ内定辞退」ではないでしょうか。
 
採用計画を見直さなければならず、手間や採用コストが余分にかかるのはもちろんのこと、入社後の活躍を期待していた人材に内定を辞退されるのは、精神的な痛手も大きいものです。
 
学生を無理に引き留めることはできませんが、内定辞退を極力「0」にするために採用担当者ができることはあります。
 
新卒採用で学生の内定辞退を防ぎ、さらに入社への意欲をグッと高めるために学生とのコミュニケーションでは次のことを意識しましょう。
 
 
 

学生の前向きな姿勢に安心しない

 
まず大前提として、「学生の意欲は、とても変わりやすい」と認識しておきましょう。
 
「ぜひ入社したいと思っています」
「こういう仕事をやりたいと思っていました」
「こんな環境でぜひ働いてみたいです」
 
という言葉に、「この学生は入社してくれるだろう」と安心してしまうのは危険です。
本心から言っていることもありますが、様々な情報を見聞きするなかで、意欲が変わっていくのはごく当たり前だからです。
 
学生の前向きな態度や入社意欲に安心せず、入社日までフォローの気持ち緩めないようにしましょう。
 
 
 

内定フォローは「相談できる関係作り」を目指す

 
そのときの学生とのコミュニケーションのポイントは、「学生が相談しやすい関係作り」を目指すことです。
 
もし内定者が他社に心が動いても、「内定を辞退しよう」と意思決定する前に相談してもらえれば、対策を打つことができます。
 
そのような関係を築くためにも、内定者とのコミュニケーションでは「採用担当ではあるけれども、社会人の先輩として中立的な立場で学生のことを第一に考えながらアドバイスする」というスタンスを貫くようにしましょう。
 
理想は、選考期間中から
 
・学生が他にどんな企業を受けているのか。
・どこまで選考が進んでいるのか。
・その他社でどんなことがやりたいのか。
・どんな点に魅力を感じているのか。
 
までも話してもらえるような関係作りです。ここまでの関係ができていれば、たとえ本人の志向が変わり、内定辞退をするようなことがおきても、大学の後輩によい口コミが伝わる可能性が高く、翌年以降の採用にもプラスになりえるでしょう。
 
 
 

「辞退しようか迷っています」と言われたら・・・


 
もし内定者が他社に心が動いていると語ってくれたら、それは大きなチャンスです。
なぜ魅力を感じるのかを丁寧に聞きだし、自社でも叶えられる内容であれば、内定者の興味・関心に合わせてうまく情報提供していきましょう。
 
このときに大切なことが3つあります。
 
まず1つめが、内定者の話を傾聴することです。
他社に魅力を感じていると聞けば、つい負けじと自社の魅力をアピールしたくなりますが、ここはまず志向が変わった理由を聞きましょう。自社のアピールをするにしても、相手の興味関心のポイントを聞きだし、それに合わせた情報提供をするほうがより効果的です。
 
2つめは、どんな場合でも決して他社の悪口や否定的な情報を言わないことです。
もし内定者が誤った情報を信じている場合には訂正する必要もあるかもしれませんが、他社の悪口を言った時点で「人間としての信頼」を失ってしまいます。悪口や否定的な情報を言ったことが、内定辞退を決意する決定打になってしまうこともあると忘れないようにしましょう。
 
最後に、内定者の意見を決して否定しないこと です。
たとえ、内定者のその意見に納得できないと感じても、「それはちょっと違うんじゃないの?」と否定してしまうと、学生は「この人には何をいっても否定される」と警戒してしまいます。
すると、本音は一切話してもらえなくなり、心理的距離も遠くなってしまうので、適切なフォローができません。
 
あくまでも「社会人の先輩としてのアドバイス」というスタンスを貫きながら、自社に入社するのが一番だと内定者自身が意思決定できるように必要な情報提供を行っていきましょう。
 
 
 

内定辞退防止には評価や期待を伝えるのも効果的

 
内定辞退防止には、内定者への評価や期待を積極的に伝えるのも効果的です。
 
・その学生のどんな点を評価しているか。
・面接で何がよかったか。
・入社後にどんな活躍をしてほしいと期待しているか。
 
など、学生への評価や期待をしっかり伝えましょう。
 
その思いが通じ、「そこまで自分を必要としてくれている」「自分を評価してくれている」と内定者の心に響けば、内定辞退を防止するだけでなく、さらに入社意欲を高めることもできます。
 
 
 

内定者と連絡が取りにくくなったら要注意

 
「突然の内定辞退」も、実は「突然」ではなく小さな兆候があります。内定者の対応に、以下のような変化がみられたら、それは興味や入社意欲が他社に移り始めている兆候です。内定辞退の可能性を考え、辞退防止の対策や採用計画の見直しを視野に入れていきましょう。
 
【内定者の興味・入社意欲が他社に移り始めた傾向】
 
・メールの返信や電話の折り返しがすぐにこなくなった。
・話の内容が、以前話していた内容と矛盾するようになった。
・長電話がしにくくなった。
・質問の答えが短くなってきた。
 
もちろん、ここから挽回できることもありますが、これらの兆候が見えてくると、そもそもコミュニケーションが取れなくなってしまうこともあります。
 
しかし一度離れた内定者の気持ちも、再び変わり興味を持ち直してくれる可能性もありますので、その時にいつでも戻ってきてもらえるように、常にオープンなスタンスでしつこくならない程度にコンタクトを取り続けるようにしましょう。