CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2017/10/18

新人が指示待ち人間になってしまう職場の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

「新人が言われたことしかしない」
「今度の新人は指示待ち人間ばかりで困る」
 
新人が本配属になってしばらくたつと、現場からこんな声がちらほら聞こえてくることはありませんか。
 
「自発的に動ける人になってほしい」「新人ならではの視点で、いろんなことに気づいて提案してほしい。」という期待があるからこそ、言われたことしかしない状況にがっかりしてしまうのも無理はありません。
 
しかし現場の職場は、新人が期待通りに育つような環境になっているでしょうか。
 
「指示待ち人間」になってしまうのは、本来持っている性質だけでなく、職場環境も大きく影響します。新人には「指示待ちではなく、自分から動いてほしい。」といいながら、あなたの職場はこんな状況になっていないか、確認してみましょう。
 
 
 

1:基本的な業務をしっかり教えていない

 
新人が「指示待ち」ではなく自発的に仕事をするには、基本的な業務をしっかり把握し、こなせることが必須条件です。基本的な業務がわかっていない相手に、「指示を待っていないで、自分で考えて動いて」というのは無理難題でしょう。
 
このときの「基本的な業務の把握」には、表面的な業務のやり方だけでなく、その業務の全体像、業務の意味や顧客に(社内に)提供する価値の理解も含まれます。これらを教え、新人が理解して初めて、自分で考える「判断軸」ができ、指示待ちではなく自分から動けるようになります
 
しかし、「指示待ち人間ばかりで困る」という職場に限って、基本的な業務をきちんと教えていないことも少なくありません。
 
特にありがちなのが、「見て覚えて」「やっているうちにわかるから」と「やればわかる」方式で、断片的に業務を教えてしまうケースです。
この場合、新人は業務の全体像が把握できず、いつまでたっても「言われないと動けない」状況になってしまいます。
 
新人が自分で考えて動けるようになるためにも、基本的業務をしっかりと教えましょう。
 
 
 

2:「自分で考えて動いてほしい」と誰も伝えていない

 
「わからないことがあったら、自分から質問するのが当たり前」
「仕事なんだから、自分で考えて行動するのは当たり前」
「仕事をするときに報連相をするのは当たり前」
 
仕事の「当り前」はたくさんあります。「当り前」だからいちいち言わなくてもわかるだろう、と職場で誰も新人にその「当り前」を伝えていない・・・ということはありませんか。
 
「当り前」の認識は世代によって、人によって大きく異なります。
 
新人は、「言われた通りにやらなければいけない」と思っているかもしれませんし、「皆忙しそうにしているし、質問するのは気が引ける」と遠慮しているかもしれません。報連相をするといっても、どのタイミングで何を伝えればよいのか、わからないこともあります。
 
「こんなの言わなくても当たり前」と思っても、認識を共有する意味でも伝えておきましょう。
 
「わからないことは遠慮せずに聞いてね」
「忙しそうに見えても、どんどん声をかけてくれていいから」
「自分で考えてやったほうがいいと思ったことがあったら、相談して」

 
と一言声をかければ、お互いの「当り前」をすり合わせることができます。職場でどのように動いてほしいと思っているのか、新人にきちんと伝えておきましょう。
 
 
 

3:優秀すぎる上司や先輩がつい口を出しすぎる


 
職場にとても優秀な先輩や上司がいる。
 
それはすばらしいことですが、その上司や先輩が新人についあれこれアドバイス(口出し)してしまうと、新人は自分で考えることをやめ、頼りになる上司や先輩の指示を待つようになってしまいます。自分で考えるよりもそのほうが早く、確実に仕事が進められるからです。
 
特に、新人の仕事に1から10まで口出ししてしまう、何だかんだと言いながら上司や先輩が全て自分の思うようにやり直してしまう状況になっていたら、今すぐ改めましょう。
 
当の上司や先輩はよかれと思っていても、その状況が続けば「どうせ全部直されるし・・・。」「自分で考えるよりも教えてもらおう。」と新人が指示待ち人間に育ってしまいます。
 
優秀な上司や先輩のアドバイスは的を射ていますし、口出しをしてもらって仕事を覚えていくこともとても貴重な機会となります。しかし、新人が自分で考え工夫する余地を残し、たとえ全く仕事がなっていなかったとしても新人が自分で改善するようマネジメントしていきましょう。
 
  
 

4:「指示待ち」でないロールモデルが職場にいない

 
新人に「指示待ちでなく、自分で考えて動いて」といいながら、職場でそのように働いている社員が誰もいない・・・ということはありませんか。
 
自分で考えて動くことが当たり前の職場で、「こうやって仕事を進めればいいんだ」「この人みたいになりたい」と思えるようなロールモデルがいれば、新人は職場の風土に合わせて自分で考えて動くようになります。
 
「百聞は一見にしかず」と諺にもあるように、職場に自分で考えて仕事をしている人がいれば、新人はそれを見て働き方を学びます。職場にいなければ、理想の働き方を学ぶことができません
また、職場にいたとしてもその社員と新人が関わる機会がなければ、新人はあまり学べないでしょう。
 
新人に求める前に、先輩社員はそのような働き方ができているのか、新人のロールモデルとなれる社員はいるか、振り返ってみましょう。
 
 
 

指示待ち人間が出てきたら、職場の見直しも忘れずに

 
いかがでしたでしょうか。現在の職場環境に当てはまることが多ければ多いほど、新人が「指示待ち人間」に育ちやすい環境といえます。
 
もちろん中には、最初から自発的に自分で考えて行動できる優秀な新人もいますが、それは少数派です。だから最初からその素質を新人に求めるのではなく、そうなるように職場で育てていく必要があります。
 
「新人が指示待ちばかりで困る」と嘆く前に、新人が「自分で考えて行動できる」人間に育つような職場環境が整っているかもう一度点検してみると、本当に改善すべき課題が見つかるかもしれません。