CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2018/12/5

自分より優秀な部下からも一目置かれる!逆転の発想の育成法

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分よりも優秀な部下がいると、多くの人はどのように育成してよいのか、対応に困ります。
 
上司は部下よりも、仕事ができて当り前。
上司は部下よりも、鋭い視点を持っていて当り前。
上司は部下を指導するのが当たり前。
 
そんな今までの常識やイメージを壊す「恐るべき存在」として、自分よりも優秀な部下に苦手意識を持ったり、逆に自分が指導できる余地はないか、重箱の隅を楊枝でほじくるような「あら探し」をしてしまったり…では、お互いにとってマイナスです。
 
 
自分よりも優秀な部下の育成に困ったら、こんな発想で考えてみませんか?
 
 
 

「知識」や「ノウハウ」ではなく「機会」を提供する

 
その部下は、自分よりも実務能力が長けているかもしれません。
専門知識が優れているかもしれませんし、深い洞察力や広い視野を持って提案ができるかもしれません。
プレゼンテーションがうまい、営業力がある、などいろいろ秀でたところがあるでしょう。
 
そんな「自分よりも優秀な部下」を育成するために上司が提供できるのは、知識やノウハウではなく、「さらなる成長」や「キャリアアップ」をする「機会」です。
 
組織のなかでより難易度の高い仕事を任せる。
新たな業務を担当してもらう
あるいは、自分には手に負えなかった、ずっと懸念事項だった業務の課題解決を任せてもいいかもしれません。
 
上司だから部下に教えなければならないわけでも、上司だから部下よりもうまく仕事を進めなければならないというわけもありません。
 
組織全体の業績をよくするため、課題を解決するために、部下に最適な業務の配分をして、自分の組織の成果を最大化することが上司の役目ですので、「部下のマネジメント=部下に教えること」という発想を一旦リセットしてみましょう。
 
 
 

部下が社内外のネットワークを拡大できるようにサポートする


そして、部下が成長し、キャリアアップできるような仕事の「機会」を提供したら、部下がその仕事がやりやすいように、サポートしていきましょう。具体的には、仕事を進めるために必要な社内外のネットワークを紹介し、部下の人脈が広がり、よりよい仕事ができるように環境を整えていきます。
 
どんなに優秀な部下であっても、社内のネットワークは上司であるあなたのほうが広いということはありませんか。また仕事を進めるために関連部署の協力が必要であるならば、やはり管理職である上司が話を通したほうが話もスムーズに進むはずです。
 
部下が成長し、キャリアアップするために提供した「機会」を最大限生かせるように、周囲から支えていってください。
 
 
 

部下の良いところを素直に認める

 
自分よりも優秀な部下に対しては、本心では競争心、焦り、嫉妬など様々な感情が渦巻いてしまうかもしれません。しかし、ここはそんな気持ちを飲みこんで、部下の優秀さを素直に認め、そして大いに頼ってしまいましょう
 
自分よりも優秀な部下に敵対心を持ってしまうと、それが周囲にも伝わり、「器が小さい人」として評価されてしまいます。優秀な部下からも、「仕事もできないくせに、わずらわしい上司」として煙たがられ、敵対意識を持ってしまうかもしれません。
 
一方で、自分よりも優秀な部下を素直に認めて、仕事を任せるなど信頼して頼る姿をみせれば、「器の大きな人」として自分の評価も上がります。優秀な部下からも、「自分の力を認めて、やりがいのある仕事を任せてくれる人」として信頼を得ることができます。
 
部下が成果を上げて、部下ばかりが評価を高めるのではないかと心配する必要はありません。その成果を発揮させた上司も同じように評価されます。他人に認められ、褒められ、頼られたら嬉しいのは、どんなに優秀な部下でも同じです。その評価をくれる上司を悪く思う人はいません。
 
自分よりも優秀な部下を持ったときは、部下の仕事を素直に認め、評価し、そして大いに頼り、部下が気持ちよく仕事でき、大いに成果を発揮できるように心がけましょう。
 
 
 

自分の仕事に打ち込む


 
最後に重要なことを。
 
自分よりも優秀な部下がいれば、「教える」という時間と手間が省けます。その分の時間を、自分の仕事に打ち込むように意識していきましょう。
 
優秀な部下ほど、上司の仕事ぶりが気になるものです。部下から見て「自分にだけ仕事を振って、口では調子いいこというけれど、あまり仕事をしているように見えない!」という状態では一気に信頼を失い、不満がたまってしまいます。
 
優秀な部下と一緒に成長していけるように、部下のいいところを吸収しながら、今まで以上に自分の仕事に真剣に取り組んでいきましょう。
 
 
 
自分よりも優秀な部下は「教える」「支配する」という意識を捨て、「さらに活躍し、成果を発揮できるようにサポートする」「一緒に成長する」と発想を変えると、組織はうまく機能し、業績も高まり、部下との人間関係もうまくいきます。
 
優秀な部下が配属されたら、「困ったな」「扱いにくい奴がきた」と思うのではなく、自分自身のマネジメントの幅、そして人間としての器を広げる機会にしていきませんか?