CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2017/6/15

新卒採用でコミュニケーション能力の高い学生を採用する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

「新卒採用でどんな学生を採用したいか?」と中小企業の経営者の方に伺うと、「コミュニケーション能力が高い人」というお答えをほぼ100%の確率でいただきます。

合わせて「でもなかなか、そういう学生がいないんだけどね…」という声もよく聞くのですが、実は、あなたの会社で「コミュニケーション能力が低い」と判断したその学生。

他の会社の面接では、非常に高いコミュニケーション能力を発揮しているかもしれませんよ。


面接担当者次第で学生のコミュニケーション能力は変わる

笑顔のない挨拶。事務的で単調な説明と質問。そして学生の話には、「ふーん、そう・・・」。
これほど極端な面接担当者の対応例は、今は少ないかもしれません。

しかし1つでも思い当たることがあれば、要注意です。こうした行為は、面接での学生の緊張感をさらに高めてしまいます。緊張した場で十分なコミュニケーション能力を発揮するのは、なかなか難しいことです。

また仮に学生が緊張しなかったとしても、面接担当者に対して「あまり自分に興味を持ってくれていない」「自分の話をきちんと聞いてくれていない」「この人と一緒に働くのか…」と感じれば、会社に対する興味やモチベーションが下がります。

興味やモチベーションが下がった会社に対して、やる気のないコミュニケーションになるのは致し方ない状況とも言えます。

このように面接担当者の対応が、面接での学生のコミュニケーション能力を瞬間的に下げてしまっている可能性もあるのです。
 
 

「この人と働きたい」と思えば学生のコミュニケーション能力は高まる

 
一方、面接担当者に対して「この人とぜひ一緒に働きたい!」と思えば、学生のコミュニケーション能力は高くなります。

恋愛と同じように、相手への興味が高まれば、「自分のことを知ってほしい」「自分の熱意を伝えたい」「ぜひ一緒に働きたい」という思いで、一生懸命コミュニケーションをとろうとするのです。

では、学生が「この人と働きたい」「この会社で働きたい」と思うのは、どのような面接担当者なのでしょうか。

もちろん、「イキイキと楽しそうに働いている」「仕事ができそう」という仕事能力の高さへの尊敬もあります。学生に対して、きちんとしたマナーで対応するということもあります。

しかし、最も多いのが「自分の話をしっかり聞いてくれた」「学生の目線で話をしてくれた」という理由です。

入社した後、相談にのり、話を聞いてくれそうな社員がいる。面接担当者を通じてそんなイメージが持てた時に、「こんな社員がいる、この会社で働きたい」と学生のコミュニケ―ション能力は120%発揮されるのです。
 
 

面接担当のコミュニケーションを見直そう

 
つまり、面接担当者のコミュニケーション能力次第で、学生本来の持つコミュニケーション能力を引き出し、「コミュニケーション能力の高い学生」を採用する可能性が高まるのです。

コミュニケーションといっても、巧みなプレゼンで会社の魅力を伝え、軽快な話術で学生との話を盛り上げるということではありません。

もちろんそれも学生のモチベーション形成には重要ですが、より重要なのは、話しやすい雰囲気作り、学生の立場にたって話をきちんと聞く姿勢などの傾聴力なのです。

傾聴力は理論を学び、意識をすれば、話術を磨くよりもはるかに簡単に身に付けることができます。

「コミュニケーション能力の高い学生」を採用するために、まずは面接担当者のコミュニケーション能力を再確認してみませんか。