「職場で可愛がられる能力」をすべての新入社員へ

「職場で可愛がられる能力」をすべての新入社員へ

「職場で可愛がられる能力」をすべての新入社員へ 640 427 株式会社アールナイン

周囲の人間からよく何かと声をかけられ、仕事も仕事以外もいろいろ教えてもらっている。

他の同僚と比べて、著しく業績が高いわけでもないのに、周囲の評価が高かったり、仕事を任せてもらったり、チャンスに恵まれている。

そんな「職場で可愛がられる人」がどんな会社にも必ずいます。

本人が楽しく仕事ができるのはもちろんですが、不思議なことに「可愛がられている人」がいると、その周囲もイキイキとしています。それは周囲の人が積極的に声をかけ、仕事を教えるので、必然的にコミュニケーションの量が増えているのです。

このように、1人いると周囲全体が活性化する「可愛がられる人」。もし、より多くの新入社員がこの「可愛がられる能力」を持っていたら、組織全体を活性化できると思いませんか。

「そんなの、性格にもよるから無理だよ」

と思うのが普通かもしれません。でもコミュニケーションを学べば、「人と話すのが苦手」という人でも「可愛がられる人」になることができるのです。

仕事するにも成長するにも重要な「可愛がられ力」

「可愛がられる力をつけましょう」というと、「上司や周囲に媚びを売るのは、ちょっと…」という新入社員もいるかもしれません。

しかし「可愛がられる」と「媚を売る」のは違います。「可愛がられる」のは、あくまで自分がより仕事をやりやすくするため、より大きく成長するために必要な力であり、組織活性化以前に本人にとって非常にプラスになる力です。

「可愛がられる力」を学ぶ前に、ぜひそのメリットを伝え「可愛がられる力」がいかに重要かを理解してもらいましょう。

たとえば、「可愛がられる力」があるとこのようなことが起こります。

  • 仕事に関するプラスアルファの情報を余談、雑談という形で教えてもらえる。
    (それが意外に重要な情報であることが多い)
  • 仕事をより丁寧に教えてもらえる。
  • 社内外の人に紹介してもらえ、人脈が広がる。
  • 仕事の様子を気にかけてもらえる。
  • 誰に任せてもいいようなちょっとした仕事を「あいつに…」と任せてもらえる。
  • 小さな仕事を任せた積み重ねで、大きな仕事も任せてもらえる。
  • ミスをしたときの風当りも弱くなる。

職場で可愛がられれば、仕事に関する情報が多くなり、教えてもらえることが多くなるので、仕事を学びやすく、より気にかけてもらえるのでチャンスも多くなり、成長する機会も多くなります。営業なら、お客様に可愛がってもらうことで、業績に繋がっていきます。

また声をかけてもらうことが多くなるので、本人も楽しく働けますし、モチベーションもアップします。モチベーションがアップするから、成果も上がり、さらに仕事を任せてもらえるようになり…と好循環が始まります。

このように「職場で可愛がられる力」を得ることで、仕事にも成長にも大きな影響がでてくるのです。

「職場で可愛がられる力」を持っているのはどんな人?

では「職場で可愛がられる力」を持っているのは、どんな人でしょうか。それは上司や先輩の視点からみて、「つい教えたくなる人」です。

そして「つい教えたくなる人」とはどのような人かというと、このような人です。

  • 挨拶がきちんとできる。
  • 仕事に一生懸命向き合っている。
  • 相手の状況を確認して質問ができる。
  • 人の話を素直に聞く。「でも」「だって」「そうはいっても」は絶対に言わない。
  • 教えてもらったことをすぐに実践してみる。
  • 教えてもらって実践して効果があったら、きちんとお礼をいえる。

挨拶は基本中の基本ですし、仕事に一生懸命でない人に仕事を教えようとは誰も思いません。この2つは最低条件ですが、ここから先がコミュニケーション力の違いです。

たとえば質問するときに、「ちょっといいですか?」など、相手が質問に対応できる状況かどうかを確認する気遣いができると、たとえその時は対応できなくても、手が空いたら「ちゃんと対応しよう」という気持ちになるでしょう。

そして人の話を「でも」「そうはいっても」といちいち反論せず、まずは素直に聞いて、すぐに実践してもられれば、人はやはり嬉しくなるものです。

さらにそれがうまくいったら、「○○さんのアドバイスのおかげで、うまくいきました。ありがとうございました。」と一言報告があれば、上司や先輩としても役に立ったことを嬉しく感じ、「また教えてあげよう」という気持ちになります。

「可愛がられる人」とは、一連のコミュニケーションで「教える立場の人が喜ぶツボ」を踏まえています。つまり、教える人の立場にたって、「どうしたら気持ちよく教えられるか?」を考えながら、「相手目線」でコミュニケーションができているのです。

「可愛がられる力」を磨くため「相手目線」コミュニケーションを学んでもらおう

このように部下として、上司や先輩の気持ちや状況を考えながら「相手目線」でコミュニケーションをすることができれば、上司や先輩に気持ちよく教えてもらい、気持ちよく助けてもらうことができます。

生まれ持った性格や、学生時代までの経験でこの「相手目線」のコミュニケーションが身についている新入社員もいますが、もちろん今からでも学んでも決して遅くはありません。

そしてこの「相手目線」のコミュニケーションをできるだけ早いうちから身に付けていれば、上司や先輩からだけでなくお客様からもかわいがられ、成長スピードが格段に上がります。

組織を活性化するためにも、新入社員の成長スピードを加速するためにも、早い段階から新入社員が「相手目線」のコミュニケーションを学ぶ機会を取り入れていきましょう。