採用難・・・学生の「負の声」にこそヒントあり! 新卒採用「内定辞退後調査サービス」9月1日より提供開始

採用難・・・学生の「負の声」にこそヒントあり! 新卒採用「内定辞退後調査サービス」9月1日より提供開始

採用難・・・学生の「負の声」にこそヒントあり! 新卒採用「内定辞退後調査サービス」9月1日より提供開始 640 427 株式会社アールナイン

~“本音の内定辞退理由”に注目する企業が急増中!~

採用から定着まで、企業の成長を支援する株式会社アールナイン(本社:東京都港区、代表:長井 亮)は、企業に代わり、内定辞退をした学生に対して「辞退理由」をヒアリングする『内定辞退後調査サービス』を9月1日より提供開始します。人材業界に長く携わる傾聴のプロたちが、第三者という立場で「辞退の本音」を聞き出すことで、企業に真の採用課題をフィードバック、改善点を提案していきます。

サービス提供の背景

19卒採用に苦戦中の企業より「内定辞退をどう防いでいいのか分からない」という相談が急増

19卒採用も終盤戦を迎えていますが、採用目標値に到底届かない・・・と嘆く人事担当者の声をよく耳にします。
6月末時点で、学生1人あたりの内々定保有社数は平均2.2社(※マイナビ調べ)。複数内定を取る学生が大多数を占めています。そんな売り手市場の中、株式会社アールナイン(以下、当社)には、学生に選ばれなかった企業から「内定辞退が続出している。本当の辞退理由が知りたい。内定辞退を防ぐ糸口を見つけたい」という相談が急増しています。
19卒採用では、6月~7月末の2ヶ月間で、見積もり依頼は34件(一部上場企業含む)。昨年度、同様の相談件数は年間8件でした。当社では、企業ニーズに応えるため、『内定辞退後調査サービス』を9月1日より本格的に提供します。

第三者だから聞きだせる情報に真意が隠れている

学生は、波風を立てることなくスムーズに内定辞退したいという意向があるため、本当の辞退理由を企業に伝えるケースは多くありません。一方で、学生が選考過程で見聞きしたマイナスの話はSNS等を介し、「ブラック企業」として仲間に共有されることもあります。それらはクローズドな場で拡散されるため、企業はその実態に気づかないケースも多いのです。
人事には言えない辞退の本音も、第三者である「社外のコンサルタント」という立場だからこそ聞き出せる情報があります。その情報の中に企業の本質的な改善点が隠されています。尚、内定辞退後調査サービスでは、内定辞退者に加え内定者にもヒアリングすることで、辞退者との差を効果検証していきます。

事例紹介~A社のケース~

面接官の何気ないひと言・態度が命取りになっているケースも散見

「B社の方が志望度が高かったので辞退します」とA社の内定を辞退した学生。A社から依頼を受け、アールナインのコンサルタントが「第三者として」電話ヒアリングを実施したところ、学生の辞退理由は面接官の質問が決め手だったことが判明しました。
「うちは仕事好きな社員が多いから残業が多いけど、大丈夫?」という質問から、「効率を追い求めない古い体質の企業だ」と捉え、辞退を決意したそうです。同様の意見が散見されたA社では、面接官の「Q&Aトーク集」を作成しました。ネガティブワードを使わない質問の仕方や魅力づけできるトーク事例集により、面接の品質担保に取り組んでいます。

<企業が学生から聞いていた辞退理由>

・志望度が高い企業から内定をもらった
・大企業に入社して安心感を得たい
・福利厚生が充実している他社に惹かれて

<ヒアリングによって出てきた辞退の本音>

・面接での対応が良くなかった
・企業から熱意が感じ取れなかった
・人事担当者の印象が良くなかった

今後の事業目標

今後も、優秀な学生を採用するため学生の真意を捉えて採用活動を改善したいという企業は増加すると見込んでいます。受注目標は今期(19卒学生)で50社、来期(20卒)では150社としています。

【内定後辞退調査サービスの概要】

▼サービスに含まれるもの
・リスト対象者(内定者・内定辞退者)のヒアリング日程調整
・ヒアリング(電話/対面)
・謝礼(Amazonギフト券3000円分×人数分)の購入・発送
・報告書作成
▼料金:20名/50万円~(内容等については応相談)