CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


NEWS   2019/4/16

楽しく仕事をするために!上司との関係に悩んだ時の対処方法4選!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは起きている大半の時間は仕事をして過ごしています。と、書くとなんだかがっかりしてしまうかもしれませんが、どうせなら思考転換して、その長い時間をどう過ごすのか、自分の人生にどう活かすのかという捉え方をしたいものです。 
 
職場での時間を有意義に過ごすことのカギを握っているのが人間関係です。人間関係がうまくいくかどうかは、自分がやりたい仕事をしているか、ということ以上に職場での明暗を分けると言っても過言ではありません。 
 
そして、一番うまくやっていきたいと誰もが思うのが、上司との関係です。上司は、評価や処遇等の力を持つ人だけに、なんとかして良好な関係を築きたい所ですが、そこは人と人ですから、時には苦手な人の下で働くことになるかもしれません。 
 
そんな困った時の為に、職場によくいる困ったタイプの上司とその攻略方法をご紹介していきましょう。 
 

困った上司の4タイプと対処法 
 

○思いやりがないタイプ 
 
そもそも人として、という部分が大きいタイプですが、何かにつけて思いやりがないと感じてしまうタイプです。困っている人を見ても見て見ぬふり、「最近の若い者は・・・・」で片づけてしまう。 
 
また、職位の高い社員が同席している場では部下が困っていても助けない。助けないどころか、事前に共有していたにも関わらず一緒になって詰める、とにかく自分の事だけを考えているタイプです。実はけっこういますよね。このタイプはもう人間性の問題なので気にしてはいけません。「こういう人」「可愛そうな人」と割り切っていちいち気にしない事です。自分は自分、そして横のつながりを強めて対応していくようにしましょう。 
 

○権力誇示タイプ 
 
自分の立場や持っている権限で言うことを聞かせようとするタイプです。このタイプは感情のコントロールができない人も多いので、突然キレたりします。大きな声で威圧すること、人の意見を聞かずにとにかく強い口調で抑え込もうとする、という特徴があります。そして権力誇示タイプの人は、コンプレックスを持っている場合が多く、自分に自信がないので、自分を大きく見せようと「俺は偉いんだ」と言わんばかりに権力を誇示するのです。そして部下に対してそれこそ重箱の隅をつつくような細かい指摘をしたり、勘と思い付きで指示するにもかかわらず、自分の言う通りにしない者は認めず、徹底的に攻撃するのです。そうした上司の元では徐々に考えることを諦めてしまって部下が意志を失っていきます。 
 
ただ、この上司はやっかいな反面扱いやすいタイプでもあります。それは、異常に強い「承認欲求」を満たしてあげることです。形だけでも甘えて、大尊敬しているような対応、つまりその人が誇示したい自分の立場や能力を大げさなくらいに褒めてついていく!という素振りを見せましょう。「可愛いやつだな」と思ってもらえれば、仕事でも自分のやりたい事ができるようになるでしょう。 
 

○事なかれ主義、保身命!タイプ 
 

強い上司も困りものですが、このタイプも困りものです。新しいことができない上に、都合が悪くなると平気で仲間や部下を売るので、最も信用できないタイプです。とにかくリスクを冒したくないので、何か提案や相談を持って行っても「前例は?」「前はどうしていたの?」と新しいことよりも踏襲することを選びます。 
 
新しいことをしたい人には、この思考自体がストレスに感じるかもしれませんが、やりようによっては扱いやすさもあります。新しいことを提案する時に、前例を手元に準備しておいて、聞かれた時には「前例はこうです。過去評価されていた点は○○でその要素は新しい企画にも盛り込んでいます」と言う事が出来れば大丈夫です。自分のしたい事をする、という点ではやりやすい上司と言えるでしょう。 
 

○多重人格タイプ
多重人格タイプ、と聞くととても強く聞こえますが、言う事がコロコロ変わる人っていませんか?例えば、企画案を相談したら
上司「A案は全然違う。スジが悪いな。こういう案はどうだ!?」とB案を自ら提案諸々修正して、翌日再度確認に持っていくと
上司「なんだこの案は?○○▽▽のような案だろ!」と再度提案。よくよく聞いてみると昨日提案したA案ととても似ているので、A案の企画書を見せると上司「そうそう。こういうことだよ」と納得。部下にとっては怒られ損だし、昨日からの1日、なんだったんだ? と時間を無駄にしたし、でとても腹が立つと思います。しかし、なぜだかわかりませんが、悪気なくコロッと本気で忘れているのです。そしてこのタイプは部下に対して高圧的で、権力誇示タイプと同じ特徴を持っているので厄介です。そして言っていることがコロコロ変わってAになったりBになったり、というのは時間がある限りエンドレスループなので、巻き込まれている側としては非常にストレスです。 
 
このタイプはまともに取り合ってはダメです。何か相談事がある時には1回の修正しかできないようなタイミングで持っていき、時間切れを狙いましょう。腹が立つかもしれませんが、相手にしてこちらの体力を無駄に消費してはいけません。 
 

自分がしたい仕事をするためには自分で環境を整えることが重要です。そして整えるべき環境の中でも、人間関係と自分の心を整える必要があるのです。 
 
1日の多くの時間を過ごす仕事だからこそ楽しく、幸せな時間を過ごしましょう!