CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2019/5/10

中小企業向け 採用事例の探し方を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の労働市場は、2018年の有効求人倍率は45年ぶりの高水準で推移し、バブル期に匹敵するほどの採用難の時代と言われています。 
 
帝国データバンクが2018年に行なった調査によると、正社員が不足していると回答した企業は53.0%にも上っており、「転職者に企業が選ばれる」売り手市場に頭を悩ませている採用担当の方も多いのではないでしょうか?(人手不足に対する企業の動向調査) 
 

そんな採用難の時代だからこそ、注目されているのが「採用成功事例」です。給与や福利厚生などの条件が良ければ人材獲得がしやすいのは当然ですが、それ以外の工夫で採用成功している事例もたくさんあります。今回は、中小企業の採用成功事例の探し方についてご紹介します。 
 


採用パートナーとタッグを組む
 
 

 
 

中小企業における人材採用において、一番大切なのは信頼できる採用パートナーとタッグを組むことです。というのも、採用成功事例を集めるにしても、インターネット上で公開されているのは大きな企業の採用事例ばかり。中には中小企業での採用事例もありますが、自社と近しい業界や職種での事例を見つけるのは困難です。ですので、多くの企業の採用に携わっている人材系企業や独立系コンサルタントなどの採用パートナーとタッグを組むことが重要になってきます。 
 
求人広告の営業・人材紹介の営業・採用コンサルタント・採用代行企業など信頼できる採用パートナーを探し、力を借りましょう。 
 

自社と近い業界・職種の事例を探す
 
 
 
 

続いて、どのように採用成功事例を集めるのかについて詳しく紹介していきます。

まず、基本として自社に近しい業界・職種の事例を探しましょう。

業界や職種によって採用の難易度・採用コストなどは変わってきます。

複数職種の採用の場合は、職種分の事例を用意しましょう。


自社と近い給与・条件の事例を探す
 
 
 
 

次に自社が採用を予定している給与や条件と近い事例を用意しましょう。
当然、給与や条件によって応募の集まりは変わってきます。
また、採用が上手くいっている企業の給与や条件を確認することができれば、「この職種は30万円以上の給与を出さないと応募が集まらない」といった、転職者が求めている条件の市場相場を知ることもできます。 
 

自社と近い企業規模の事例を探す 
 
 
 

意外と見落としがちなのが企業規模です。
社員数が5名なのか、30名なのか、100名なのかによっても人材の集まり具合は変わってきます。
自社と同じくらいの規模の企業は応募が集まりやすいのか?
企業規模が大きい企業は?小さい企業は?といった具合に確認しておきましょう。



求人のアピールポイントを確認する
 
 
 
 

また、採用成功事例を探す上では、給与や企業規模など定量的な情報だけでなく、「その求人をどのように打ち出していたのか?」という定性的な要素も重要になってきます。例えば、給与や条件は圧倒的に不利であっても打ち出し方の工夫で採用成功している企業はたくさんあります。自社でもそういった打ち出しの仕方が可能なのかを想像しながら事例を確認すると良いでしょう。 
 

採用活動での工夫を確認する 
 
 
 

加えて、表には出てこない部分で採用成功している企業もあります。
面接フローの工夫や、転職希望者に送るメールの文面などが一例です。
そういった工夫に関しては人材会社内にナレッジが蓄積しているので、確認できるよより良いですね。 
 

平均数値の場合はサンプル数・異常値を確認する 
 
 
 

採用成功事例を探す際に注意しなければいけないのが、平均数値の取り扱いです。
例えば「○○エリア、××業界、△△職種、給与30万円→平均10応募(10面接)」といった採用に関する平均数値があったとしましょう。
その場合、何社の企業でサンプルを取っているのか確認しましょう。
サンプル数が少なすぎると信憑性に欠けるデータになってしまいます。
また、サンプルの中に明らかに条件が良い企業、明らかに規模が違いすぎる企業が入っている場合もあるので注意が必要です。 
 

成功事例と失敗事例を用意してもらう 
 
 
 

採用成功事例を探す際には合わせて失敗事例も確認しておくと、より万全なリサーチができます。同じような給与・条件であっても採用成功している企業と採用失敗している企業に分かれているようなケースもあります。そして、失敗している企業には「アクセスが悪い」「業界平均より給与が少ない」など致命的なデメリットがある場合も。もし自社にも似たようなデメリットがある場合には、それを打ち消すだけのメリットを訴求する必要があります。 
 

自社と全く同じ事例は存在しない 
 
 
 

以上、中小企業での採用成功事例の集め方に関して紹介してきました。
しかし、自社と全く同じ業界・職種・条件・規模の企業での採用成功事例が見つかるということはほぼありません。ですので、色々な企業の事例を「つぎはぎ」で参考にしつつ、自社の採用戦略を立てるというのが重要になってきます。また、こういった採用成功事例を集めるためには人材企業の協力が不可欠ですので、しっかりとしたパートナーシップを結ぶようにしましょう。