CONTACT

NEWS INFORMATION

NEWS
INFORMATION

最新のお知らせ・ニュース


COLUMN   2019/7/8

面接もプロに任せる採用代行の活用で「攻め」の採用へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒採用や中途採用で、「最初は意欲の高かった応募者が、選考プロセスで次第に入社意欲が下がり、辞退された…」というご経験はございませんか。「他に行きたい企業を見つけた」「他社に口説かれた」「自社のネガティブな噂を聞いた」など様々な要因が考えられますが、実は面接での面接官のコミュニケーションが応募者の入社意欲を下げる原因になっていることもあります。
 
直接会い、コミュニケーションを交わす面接は、企業にとっても応募者にとっても「相手を見極める」場です。企業が面接で採用判断をするように、応募者も面接で入社したいかどうかを判断しています。「ぜひ入社したい」といって応募してくれた応募者の入社意欲は、どんな面接であっても揺るがないほど強固だとは限りません。
 
「採用したい人を判断するんだから、社内の人間がやらないとわからないでしょ」と思われがちな面接ですが、それをプロの採用代行に任せることで、「面接」というプロセスが持つ課題を解消することもできます。売り手市場が続き、企業にも「選ばれる努力」が必要になっている今、「面接をプロに任せる」という発想で、「攻め」の採用活動にシフトしてみませんか?
 
 
 

面接で入社意欲が下がってしまう?!
面接に潜む「リスク」とは?

 
人事採用担当が同席しない面接は、その部屋でどんな会話が行われているかわからない、ブラックボックスのようなものです。また、慣れていない担当者が面接を行うことで生じてしまう問題もあります。例をあげてみましょう。
 
①聞いてはいけないことを聞いてしまう
 
今は「家族のこと」や「家庭環境」など本人に責任のない事項や、「尊敬する人物」「生活信条」「好きな本」など本来的に本人の自由であるべき事項は、本人の適性や能力を評価する基準として不適切であるとされています(厚生労働省「採用選考自主点検資料」平成31年度)。
それを知らず、場を和ます雑談のつもりで「ご両親はどんなお仕事をされているの?」なんて聞いてしまったら、「何でそんなことを聞くのか?」と不審に思う応募者もいるかもしれません。そしてそれが、入社意欲を下げるきっかけになってしまうこともあります。
 
 
②応募者ときちんと会話ができていない

 
また、面接官が応募者の話をきちんと聞けていない、応募者の意図をくみ取れていないこともあります。話を聞く態度が事務的だったり横柄だったり、あるいは一方的に自社の話ばかりしたり、事務的な質問を繰り返したり、興味とはズレたポイントでアプローチされたり…と応募者が面接でのコミュニケーションに違和感を持つと、「この会社とは合わない」と思ってしまっても無理はないでしょう。
 
 

③忙しくて準備不足で面接に臨んでしまう
 
面接官が忙しく、事前に応募者の書類を読み込まないままに面接に臨んでしまい、「面接で応募者を前にして書類を確認し、応募者を待たせてしまう」「応募者に確認すべきポイントがずれている」などの問題が生じることもあります。また、職務経歴書の内容を深堀するのではなく、書いてあることを聞かれると、応募者は「職務経歴書をきちんと読んでいないのか」と感じ、それも入社意欲が下がるポイントになります。
 
 
④一次面接の担当者と引継ぎが上手くできていない
 
一次面接と二次面接の引継ぎができておらず、一次面接の面接官が話した内容と全く同じことを二次面接でも話してしまうこともあります。すると、応募者によってはその対応が、「社内でちゃんとコミュニケーションできていないのか」と気になり、意欲が下がる要因になってしまうこともあります。
 
そして、これらの一番の問題はいずれも面接官が無意識で行っており、面接官本人が「自分の行動に問題がある」と気付きにくいことです。そのため、「選考後の辞退者が多い」「内定辞退が多い」という状況にあっても、辞退者に直接ヒアリングでもしない限り、この課題に気づくことが難しいのです。
 
 
 

面接を採用代行にアウトソーシングするメリット・デメリット


 
そこで、「辞退が多い」「なかなかよい人材を採用できていない」という状況が続いたら、見直したいのが「面接」です。面接官研修を行い、自社の人材が適切な面接を行えるように人材育成をすることもできますが、その研修成果を実践できているかはまた別の話になります。また、現場の管理職が忙しく、なかなか研修の時間が取れないこともあります。そこですぐに面接を変えられるのが、「面接」のアウトソーシングです。そのメリットを・デメリットみていきましょう。
 
 
【メリット】
 
①プロが適切なコミュニケーションを行う
 
面接を採用代行に任せれば、面接はいわゆる「面接のプロ」が行います。たとえば、アールナインの面接代行では、面接を行うのは人事経験者や人材ビジネスの経験者、キャリアコンサルタントの国家資格保持者など経験と実践を積み重ねたプロフェショナルたちです。傾聴などヒアリングのスキルを持ち、面接官の経験が豊富なプロフェッショナルが行うので、「面接で聞いてはいけないこと」を聞いてしまうリスクはもちろんありません。かみ合わない会話のキャッチボールで、応募者の意欲を下げてしまうことも、準備不足で不適切な印象を与えてしまうリスクもありません。
つまり、「面接で入社意欲が下がってしまうリスク」を限りなく低くすることができます。
 
 

②入社意欲を高めるアプローチができる
 
面接を採用代行にアウトソーシングする際には、採用したい人材の要件、ヒアリングで応募者に確認したいこと、応募者に説明することなどを設計します。その際に入社意欲を高めるアプローチも戦略的に取り入れることができるので、採用代行だからこそ、応募者に対するアプローチの内容を人事採用担当や企業の意向にそって一定レベルに担保することができます。

 
 
③適切な面接レポートで次の担当者への情報伝達がスムーズになる
 
一次面接の情報を、適切に二次面接の面接官に共有できれば、「二次面接では何を見るべきか」「どんな質問をするべきか」など戦略的なアプローチが検討できるようになり、それは採用の成否に大きく影響します。社内の面接官だと、レポート内容に差がある、「忙しくてつい…」となってしまうなどの問題も採用代行に任せれば、この情報共有の問題もクリアになります。
この面接のレポートは、採用したい人材のフォローにも活用できるでしょう。
 
 
④「採用したい人材の要件」に合わせた採用ができる
 
面接官とはいえ人間なので、「個人的に話が合う」「素直で明るくて好感が持てる」など、面接官が個人的な印象で採用判断をしてしまうこともあります。その人材が活躍してくれれば問題はないのですが、「入社したら面接の時と全く違った」「言っていることは調子いいが、実際は…」などの問題が発生することも。採用代行であれば、設定した「採用したい人材の要件」に沿って、応募者がそれを満たしているか判断するために客観的な情報収集を行ってもらうことができます。その情報は、採用したい人材をフォローする際にも効果的に活用できるでしょう。
 
 
【デメリット】
①コストがかかる
 
採用人数やどの業務からアウトソーシングするのかにもよりますが、採用代行の導入にはコストが発生します。導入の際には任せたい業務の目的と範囲を明確にし、数社の見積もりを比較検討してみるとよいでしょう。
 
 
②業務をアウトソーシングするまでの準備に時間がかかる
 
面接をアウトソーシングするためには、採用方針や採用したい人材要件だけでなく、面接を代行する担当者が自社の事業内容や魅力などの説明もしっかりできるように資料を用意し、打合せを重ねる必要があります。そのため、業務を任せる前の事前準備の段階では、一時的に業務量が増えるでしょう。
 
 

「会って話してみなきゃわからないのに、それをアウトソーシングするなんて」と思われてしまいがちな、面接アウトソーシング。コストなどのデメリットもありますが、思い切ってプロに任せてみることで採用が大きく変わります。採用がうまくいかない時の現状打破の一策として、検討してみてはいかがでしょうか。
 
 
※採用代行の成功事例などを担当者から詳しくご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。
→お問い合わせはこちら