コロナ時代の新入社員研修は対面式?オンライン?

コロナ時代の新入社員研修は対面式?オンライン?

コロナ時代の新入社員研修は対面式?オンライン? 640 480 株式会社アールナイン

2020年4月、今年度入社を迎えた新社会人の皆さまにとっては波乱の幕開けとなりました。新型コロナウィルスの影響により多くの制限を課される中、今年の新入社員研修はどのように実施されたのでしょうか?

今回は、コロナ禍における各社の新入社員研修について、当社が実施したアンケート結果をもとに検証していきます。急速に広まった「研修のオンライン化」についてもメリット・デメリットを挙げ、今後の在り方について考えてみましょう。

明確なマニュアルもない中、思考錯誤しながら新人教育に取り組んでいらっしゃる、人事担当者様、先輩、上司の皆さまの一助となれば幸いです。

【アンケート概要】

  • タイトル :2020卒 新入社員へのフォロー施策に関する実態調査
  • 調査対象 :2020年に新入社員が入社した企業
  • 調査期間 :2020/7/8(金)~2020/7/20(月)
  • 調査方法 :インターネットによる調査
  • 調査地域 :全国
  • 提出数  :有効回答99

Q1:今年度の新入社員向けの研修はオンライン?対面式?

  • 「対面」で実施した…49.5%

  • 「オンライン」で実施した…47.4%

  • 「実施しなかった」…3.1%

研修のオンライン化が約半数を占める結果となりましたが、対面式で実施した企業も多いことがわかりました。オンラインのメリットとしては、「チャットなどで質問がしやすい」「いつでも何度でも見ることができる」という声があがっています。一方、デメリットとしては「何気ない雑談ができない」「コミュニケーションが足りない」「現場研修ができない」という点が挙げられます。

Q2:今年度の新入社員向け研修の内容はどんなものですか?(複数回答)

  • ビジネスマナー研修…84.2%

  • 企業理解研修…68.4%

  • コミュニケーション研修…49.5%

  • ビジネス文書研修…40%

  • 営業研修…32.6%

  • ロジカルシンキング研修…20%

  • 技術研修…7.4%

  • 工場研修…2.1%

現場研修が難しく、オンラインでも受講可能な研修内容が上位を占めています。現場での研修は難しいという企業でも、今後は、動画で配属先や工場の様子を配信したり、現場担当者とオンラインでコミュニケーションをとるなどの工夫が求められます。

Q3: 新型コロナの影響により新人向け研修に変化はありましたか?(複数回答)

  • 例年より新入社員同士のコミュニケーションが希薄となった…51.6%

  • 例年より研修期間が短くなった…34.7%

  • 例年より研修内容が少なくなった…28.4%

  • 例年より研修期間が長くなった…2.1%

  • 変化なし…2.1%

オンラインでは、同期との絆が深まりにくい、職場の雰囲気がわからず孤独を感じたという新入社員が半数以上いたようです。「例年の新人に比べて経験が積めていないのではないか」と心配する声も聞こえました。オンラインでも先輩や上司といったアドバイザーにいつでも相談できる環境を整える、同期や同僚とリモート飲み会などのイベントを催し、ざっくばらんにコミュニケーションできる機会を設けるなど、新入社員が孤独にならず職場に溶け込めるような努力が求められます。

Q4: 来年度の新入社員研修ではオンライン研修を実施する予定ですか?

  • まだわからない…76.8%

  • オンライン研修を実施する予定…12.6%

  • オンライン研修は実施しない予定…10.5%

今年度オンライン研修を実施した上で、来年度に関しては「まだわからない」と回答する企業が多くありました。「できることならオンラインだけでなく対面式や現場研修も実施したい」という教育担当者のホンネも伺える結果となり、来年度は”オンラインと対面式のバランス調整”がカギとなりそうです。またオンライン研修の効果が不透明という声もあり、”効果測定”に関する整備も必要となってくるでしょう。

まとめ

アンケート結果から、オンライン研修のメリット・デメリットを挙げてみましたが、いかがでしたか?

来年度の新人研修に関しては、できれば「対面式」や「現場」での研修がしたいという気持ちがアンケート結果に見え隠れしています。しかし、どちらか一方だけでなく、オンラインと対面式の研修をいかにバランスよく準備するかが成功のカギといえそうです。さらに、新入社員が孤独に陥らないように、現場の雰囲気を動画配信したり、リモートでも開催できるイベントを企画して社員間の親睦を深めるなど、会社の一員であることを感じられるフォローも必要となります。”効果測定”を整備し、オンライン研修と対面式研修をバランスよく取り入れながら新入社員を大切に育てていきたいですね。

コロナ禍以前からリモートワーク導入を推進してきた当社には、業務のオンライン化やリモートワークに関するノウハウや成功事例が多く集まっていますので、どうぞお気軽にご相談ください。