採用担当者必見!Web面接のメリットから注意点まで解説

採用担当者必見!Web面接のメリットから注意点まで解説

採用担当者必見!Web面接のメリットから注意点まで解説 500 334 株式会社アールナイン

「Web面接を導入するメリットって何?」
「Web面接のニーズが高まっているのは何故?」
「Web面接を実施する際の注意点はある?」

そんな疑問を解決する記事になっています。

Web面接のメリット

Web面接は、企業側と求職者双方にとってメリットのある面接手法です。それぞれにどんなメリットがあるのか具体的にお伝えしていきます。

企業側のメリット

①採用コストが削減できる

Web面接では面接の会場を準備したり交通費を支給したりする必要がないため、採用コストを削減することができます。

特にこれまで宿泊費を払って遠方からの求職者と面接をしていた企業などでは大幅なコストダウンが見込めるでしょう。

②社員の工数を削減できる

Web面接では求職者を案内したり会場まで移動する必要がないため、社員の工数を最小限に減らすことができます。

これまで面接に充てていた時間をほかの業務に充てることができるため、業務の効率をアップさせることができるでしょう。

③採用対象を拡大できる

Web面接では遠くにいる求職者とも簡単に面接ができるため、採用対象の範囲を広げることが可能です。

これまで海外在住者や地方在住者の採用ハードルが高かった企業にとっては間口を広げることができるでしょう。

求職者側のメリット

① 採用コストが削減できる

まずWeb面接では交通費・宿泊費がかかることがないため金銭的コストを削減することができます。

また、面接会場まで移動するという概念も必要なくなるため時間コストを節約することができ、1日のスケジュールに余裕を持つことが可能です。

② 求職者の時間を有効活用できる

リアルでの面接では調整が難しかった隙間時間を活用して面接を受けることができます。

たとえば、新卒採用の面接を受ける就活生では、大学の授業の空きコマを活用して面接を受けることが可能です。

③リラックスできる

Web面接を受検した方からは「リアルより落ち着いて面接を受けることができた」との声が多く上がっています。

自宅からの面接でメリハリが完全になくなってしまうのは良くありませんが、適度にリラックスすることでありのままの自分を伝えることができるでしょう。

Web面接のニーズが高まっている理由

只今ご紹介したようにWeb面接にはたくさんのメリットがあります。

どうして最近になってWeb面接のニーズが高まっているのでしょうか。
理由は大きく3つあります。

1. ネット環境の充実

最近では5Gの商用化が話題になるなどネット環境の発達は成長が著しく、最大通信速度はここ30年間で約10万倍になったと言われています。

特にここ10年の間の変化としてはスマートフォンが普及したことによって誰でも簡単にネット環境にアクセスできるようになったことがWeb面接の導入を後押ししました。

2. 働き方改革の推進

2019年4月からは働き方改革関連法が施行され、ひとりひとりに合わせた柔軟な働き方を整備する動きが活発化しています。

従来のオフィスに出社する形態に縛られない「テレワーク」が少しずつ普及していく中でWeb面接も少しずつ注目されるようになってきました。

3. 新型コロナウイルスの流行

ここまでにお伝えした「ネット環境の充実」「働き方改革の推進」には企業によって差があり、先進的な企業だけが時代に先駆けWeb面接の導入を始めている状態でした。

しかし、2020年、新型コロナウイルスの流行によってすべての企業が強制的に至近距離での接触を避ける必要が生じたため、自然とWeb面接に切り替えざるを得ない状況が発生しています。

Web面接の注意点

只今お伝えしたように新型コロナウイルスの流行によって突然Web面接の導入を決断した企業では慣れないWeb面接に苦労することが多いようです。

そこで最後にWeb面接における注意点を4つお伝えします。

1. 通信環境を整備する

Web面接をスムーズに実施する上で通信環境が安定していることは非常に重要です。

片方に接続不良やタイムラグが発生すると、相手が質問を聴き取れなかったり相手の回答を理解できなかったりと上手にコミュニケーションを取ることができず、お互いにとってストレスがかかります。

必ずWeb面接は通信環境の良い場所を選ぶとともに相手にも事前に通信環境のチェックを促しましょう。

2. 静かな場所を選ぶ

Web面接では自分の声だけでなく周囲の声やキーボードの音などの雑音が入り込んでしまうことがあります。また、画面の背景に人が写り込んでしまうと相手が気になってしまい集中することができません。

そのため、Web面接を実施するときには事前に人が少ない静かな場所を選び移動するようにしましょう。

3. ツールの使い方を確認する

Web面接ツールには様々な機能があります。

  • 入室方法
  • ミュートにする方法
  • イヤホンを接続する方法
  • 画面を共有する方法

特にこれらはよく使う機能なので、ご使用のツールに合わせてどのようにすればできるのかを事前によく確認しておくとよいでしょう。

4. 緊急連絡先を共有する

どれだけ事前に準備をしてもWeb面接の実施中にトラブルが発生してしまう可能性は捨てきれません。

最悪の場合に備えて事前に携帯電話の緊急連絡先を伝えておくと、

トラブルがあった際にも落ち着いて対処することができるでしょう。

Web面接を使いこなしましょう

今回のまとめになります。

Web面接を実施するメリット
<企業側のメリット>
1. 採用コストが削減できる
2. 社員の工数を削減できる
3. 採用対象を拡大できる
<求職者側のメリット>
1. コストが削減できる
2. 隙間時間で面接できる
3. リラックスできる

Web面接のニーズが高まっている理由
1. ネット環境の充実
2. 働き方改革の推進
3. 新型コロナウイルスの流行

Web面接の注意点
1. 通信環境を整備する
2. 静かな場所を選ぶ
3. ツールの使い方を確認する
4. 緊急連絡先を共有する

これから新型コロナウイルスの動向に関係なくWeb面接を取り入れた採用は主流になっていくと考えられますので、今のうちから使いこなせるようにしておくとよいでしょう。

私たちアールナインでは新型コロナウイルスの流行に先立ってWeb面接の導入を進めており、これまでに多くの企業様のWeb面接をご支援させていただいております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。