ダイレクトリクルーティングとは? メリット・デメリットを徹底解説

ダイレクトリクルーティングとは? メリット・デメリットを徹底解説

ダイレクトリクルーティングとは? メリット・デメリットを徹底解説 640 427 株式会社アールナイン

最近では、自社の採用に「ダイレクトリクルーティング」を取り入れる企業が多くなっています。

  • そもそもダイレクトリクルーティングとはどんな採用手法なのか?
  • ダイレクトリクルーティングを活用するメリットは何なのか?
  • ダイレクトリクルーティングを活用するデメリットは何なのか?

この記事では、ダイレクトリクルーティングの初級編としてこれらの疑問を解決します。

そもそもダイレクトリクルーティングとは?

ダイレクトリクルーティングは、企業から求職者に直接アプローチする採用手法のことを指します。海外ではすでに主流となっている採用手法ですが、日本でも近年になって急速に発展しています。

これまで日本の採用市場で主流だった「人材紹介の活用」と「求人広告の掲載」は、人材紹介会社または求職者からのアプローチがないと母集団形成ができず、いわば「待ちの採用手法」でした。

一方、ダイレクトリクルーティングは、企業から求職者に直接アプローチできるため、しばしば「攻めの採用手法」と称されます。

ダイレクトリクルーティングを活用するメリット3つ

ダイレクトリクルーティングを活用するメリットは下記3つです。

  ❶採用コストが削減できる

  ❷優秀な人材に直接アプローチできる

  ❸候補者への動機づけがしやすい

 ❶採用コストが削減できる

人材紹介求人広告ダイレクトリクルーティング
登録料¥¥¥
成果報酬金¥¥¥
備考成果報酬金は年収の3割が基本採用人数の有無にかかわらず

費用が掛かる

初期費用と成果報酬金のどちらも

安価に抑えられる

ダイレクトリクルーティングは、従来の採用手法と比較したときに、採用コストを安く抑えることができます。人材紹介の場合は成果報酬金に年収の3割と高額な費用がかかり、求人広告の場合は採用人数にかかわらず掲載に高額な費用が掛かります。一方、ダイレクトリクルーティングは、どちらも比較的安い値段で運用することができるため、採用コストが十分に確保できない企業でも積極的に活用することをおすすめします。

❷優秀な人材に直接アプローチできる

ダイレクトリクルーティングは、従来の採用手法と比較したときに、欲しい人材とのミスマッチが起こる確率が低くなります。人材紹介の場合は担当者との認識の齟齬があったり、求人広告の場合は求人票の内容に沿っていない求職者からの応募があったりと欲しい人材とのミスマッチがつきもの。一方、ダイレクトリクルーティングでは候補者のプロフィールをもとに企業主導で候補者と接点を持つことができるため、消化試合が少なく、優秀な人材に的を絞った採用活動が可能です。

❸候補者への動機づけがしやすい

ダイレクトリクルーティングは、従来の採用手法と比較したときに、候補者への動機づけがしやすくなっています。人材紹介の場合は担当者に薦められたからとりあえず選考を受けてみたり、求人広告の場合はなんとなくよさそうだから応募してみるなど、候補者の意欲が低い状態から始まることもしばしば。一方、ダイレクトリクルーティングでは、企業から「会いたい!」と熱烈なオファーを受けて選考に移行するため、候補者の意欲が上がりやすく仕事に対する動機づけがしやすくなります。

ダイレクトリクルーティングを活用するデメリット3つ

ダイレクトリクルーティングを活用するデメリットは下記3つです。

  ❶採用担当者の工数が増加する

  ❷採用スタンスの変革が求められる

  ❸一括大量採用が難しい

❶採用担当者の工数が増加する

ダイレクトリクルーティングは、会社概要の作成・自社に合った候補者の検索・スカウトメールの作成・候補者との日程調整などを自社で行う必要があり、採用担当者の業務負担が増加します。ただ、最近では、自社に合った候補者の見極めのみを企業が行い、実際のスカウトメールの作成・面談の日程調整などの非コア業務を代行するケースも増えています。このように採用業務の一部を委託するという選択肢が普及し、ダイレクトリクルーティングもますます身近な採用手法となっています。

❷採用スタンスの変革が求められる

ダイレクトリクルーティングは、企業から候補者にアプローチする「攻めの採用手法」となるため、企業が主導権を握りやすい分、候補者が受け身の姿勢になりがちです採用活動では「候補者を選ぶ」のではなく「候補者から選ばれる」という意識を持ち、常に候補者のことを第一に考えた採用活動を心がけましょう。

❸一括大量採用が難しい

ダイレクトリクルーティングは、一人一人の候補者に直接アプローチする手法のため、候補者の質よりも数を重視するような採用には不向きと言えます。そうは言っても、数も質も担保できるのが一番であることを考えると、必然的に大量採用が可能な求人広告などの従来の採用手法と併用していく必要があるでしょう。

まとめ

この記事では、ダイレクトリクルーティングの概要を説明した後、活用するメリット・デメリットについて解説しました。優秀な人材の出現をじっと待つのではなく、自分たちから優秀な人材を発掘してアプローチしたいと考える企業のみなさまにはぜひおすすめのサービスとなります。これを機にダイレクトリクルーティングの導入について検討してみてはいかがでしょうか。

また、弊社では、ダイレクトリクルーティングの導入を検討中のお客様に向けたツール選定のサポートや既に導入しているお客様に向けたスカウト送信代行サービスを承っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。