22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.3

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.3

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.3 640 427 株式会社アールナイン

今回は、2022卒新卒採用の振り返りレポートvol.3をお届けします。

弊社の1次選考を受検してくださった33名の就活生へのアンケート結果をもとにした記事になります。

これから採用活動が本格化する企業も多いと思いますが、ぜひイマドキ大学生の傾向を摑む一助としてご活用ください。

vol.1では「就活生が企業を選ぶ際に重要視する項目」「就活生が利用するサービス」

vol.2では「就活生が情報収集に利用するSNS」「就活生が進路について相談する相手」に関するアンケート結果を解説しています。

これまでに何社のインターンシップに参加しましたか

(N=30 / データは2020年10月時点の回答)

就活生のインターンシップ参加社数として最も多かった回答は、「11社以上(27.3%)」でした。

最近では、インターンシップが当たり前になってきているとはいえ、4人に1人を超える学生がこれだけ多くのインターンシップに参加しているとは衝撃でした。

ちなみに、このアンケートは2020年10月ごろまでにすべての回答を集計しています。その時点ではサマーインターンに参加した社数がほとんどを占め、秋以降のインターンシップは含まれていないため、最終的にはもっと多い数値になっていることが予想されます。

インターンシップを選ぶ際に重要視する項目を教えてください

1位:社員と話ができること・・36pt
2位:開催日程・・・・・・・・36pt
3位:コンテンツ・・・・・・・28pt
4位:選考に直結する・・・・・17pt
5位:企業規模・・・・・・・・17pt
6位:選考なしで参加できる・・-18pt

(まったく重視しない=-2pt、あまり重視しない=-1pt、どちらでもない=0pt、やや重視する=1pt、かなり重視する=2ptで計算)

就活生がインターンシップを選ぶ際に最も重要視しているのは「社員と話ができること」でした。

インターンシップと言えば、定番のコンテンツは学生同士によるグループワーク形式のディスカッションでしょうか。しかし、実はインターンシップの満足度を上げるために重要なのは、社員と話をする機会をできる限り多く作ることであることが結果に表れています。

具体的には「1つのグループに1人は社員がファシリテーターとして参加する」「グループワークの最後には社員から個別にフィードバックをする」「コンテンツとは別に学生からの質問を受ける時間を設ける」などの工夫を凝らすと、学生からの満足度アップが期待できるでしょう。

また、同じく就活生が最も重要視しているのが「開催日程」でした。

特に夏休みの時期はインターンシップを開催している企業が非常に多く、学生にとっては選択肢が豊富にあるため、同じ日程に優先度の高い企業のインターンシップが重なると集客が見込めなくなってしまいます。

毎年、インターンシップの集客に苦戦している企業様は、開催日程に変化をつけてみることをおすすめします。具体的には「1dayインターンシップの日程を増やす」「個別面談を通して他社より先にインターンシップの予約を取る」「1回あたりの開催時間を短くすることで参加ハードルを下げる」などの工夫を凝らすと、参加率がアップするかもしれません。

3番目に就活生が重要視しているのは「コンテンツ」でした。

個人的には、「コンテンツ」よりも「社員と話ができること」を重要視している人が多い点が興味深く感じました。

インターンシップの設計をする際には、学生の満足度を上げるために、ついついコンテンツにばかり趣向を凝らしがちです。しかし、今回の調査結果を踏まえ、「どれだけ社員と話をする機会が設けられているコンテンツであるか?」の視点を欠かさないようにしましょう。

4番目に就活生が重要視しているのは「選考に直結すること」でした。

最近では、「インターンシップに参加すれば1次面接が免除になる」などの特典を掲げている企業が非常に多く、あまりプレミア感がなくなってきているのかもしれません。

最後に、就活生がまったくと言っていいほど重要視していないのは「選考なしで参加できること」でした。

人気企業ではインターンシップに参加するまでに倍率の高い選考があるため、選考不要で参加できるインターンシップは学生にとって魅力的かと思いましたが、あまり関係ないようです。

私が直接話をした学生の中には、サマーインターンに参加するための選考は、むしろ本選考を受検する前の練習になるからよいと前向きに捉えている人もいました。

次回の「22卒の就活生33名に聞いた!コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.4」では、下記についての調査結果をまとめています。

  • 面接はオンラインと対面どっちがいい?
  • これまでに面接官に聞かれて嫌だった質問は?

もしかすると皆さんが無意識のうちにしている質問が学生の意欲を減退させてしまっているかもしれません・・・。

ぜひ併せてお読みください。

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.1
22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.1
今回は、2022卒新卒採用の振り返りレポートとして、弊社の1次選考を受検してくださった33名の就活生へのアンケート結果をもとに記事を書きました。 これから採用活.....
22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.2
22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.2
今回は、2022卒新卒採用の振り返りレポートvol.2をお届けします。 弊社の1次選考を受検してくださった33名の就活生へのアンケート結果をもとにした記事になり.....