22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.4

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.4

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.4 640 427 株式会社アールナイン

今回は、2022卒新卒採用の振り返りレポートvol.4をお届けします。弊社の1次選考を受検してくださった33名の就活生へのアンケート結果をもとにした記事になります。これから採用活動が本格化する企業も多いと思いますが、ぜひイマドキ大学生の傾向を摑む一助としてご活用ください。

vol.1の内容は「就活生が企業を選ぶ際に重要視する項目」「就活生が利用するサービス」です

vol.2の内容は「就活生が情報収集に利用するSNS」「就活生が進路について相談する相手」です

Vol.3の内容は「就活生のインターンシップ参加社数」「インターンシップを選ぶ際に重要視する項目」です

ぜひ合わせてご覧ください。それでは、今回の内容をご紹介します。

面接は対面とオンラインどちらが良いですか?

就活生に面接の実施形態の好みについて尋ねたところ、対面とオンラインはちょうど半々ずつに分かれる結果となりました。また、約2人に1人の学生は、実施形態はどちらでもいいと感じているようです。

『面接は対面が良い』と回答した学生に理由を聞いてみました。

・実際に社員の方々の雰囲気を知りたいからです。

・実際に会社に足を運んだ方が、その会社や、働いている方々の雰囲気がわかるからです。

・対面の方が相手の表情や話し方が伝わりやすいからです。

対面だと分からない相手の表情や様子があるからです。

・オンラインと比べると対面の方がより自分のことをアピールできると感じるため。

・対面の方がありのままの姿を見てもらうことができると思うからです。

直接話すことで得られる学びがあると思います。

・対面だと通信トラブルがないからです。

面接の様子

学生の回答からは「社員の雰囲気がわかる」「相手の表情がわかりやすい」「自己アピールがしやすい」「通信トラブルがない」といった声が挙がりました。vol.1「就活で企業を選ぶ際に重要視している項目を教えてください」の回答結果からわかるように、学生は社内・社員の雰囲気が自分と合っているかどうかを最も重要視しています。

しかし、22卒採用は新型コロナの影響によってオフィスに直接足を運ぶ機会が少ないため、「職場の雰囲気がわからない」「社員の人柄がわからない」と嘆く学生の声を本当に多く耳にします。たとえば「カジュアル面談で一人でも多くの社員に会ってもらう」「カジュアル面談に社員2人体制で入る」「zoomの背景をオフィスの画像にする」などの工夫を凝らすことにより、オンライン主流の採用あっても出来る限り会社の雰囲気を伝えることができるように意識するとよいでしょう。

『面接はオンラインが良い』と回答した学生に理由を聞いてみました

・オンラインの方が緊張せずに話せると感じるためです。

・自宅の方がよりリラックスして面接を受けられるからです。

・自宅だとリラックスして臨むことが出来るからです。

・自分はオンラインの方がリラックスして臨めると感じたからです。

対面で直接その場へ行くのは時間がかかるからです。

移動のコストがかからないからです。

・オンラインはいつでもどこでも受検でき、融通が利くからです。

・コロナが収束しないため外に出ることは難しいと考えているためです。

高齢の祖母と同居しており、極力都内に行くのを控えているため。

学生の回答からは「リラックスして話せる」「時間・金銭コストの節約になる」「コロナで外出は難しい」といった声が挙がりました。特に多かったのが「リラックスして話せる」との意見。対面よりも圧迫感がないため、いつも通りの自分で臨めると感じている人が多いようです。22卒の学生のなかには対面の選考を1度も経験していない人も多いため、対面での面接を実施される場合には、念頭に入れておくとよいでしょう。

また、次に多かったのは「時間・金銭コストの節約になる」との意見。現場への移動が不要のため、1日に複数の企業の選考を受けたり、大学の授業の合間に面接が実施できる点は学生にとってのメリットが大きいようです。そして、コロナ禍だからこその理由が「ウイルス感染への懸念」です。大学生が感染したときの重症化リスクは低いですが、前述した声の中にもあったように「高齢の祖母と同居している」などの理由を抱えている学生も多くいます。対面で面接を実施することが悪いわけではありませんが、事情を抱えた学生さんはオンラインでも実施できるように選択肢を与えてあげるとよいでしょう。

「対面でもオンラインでもどちらでもよい」と回答した学生は、それぞれのメリット・デメリットを鑑みた上、場合によって使い分けたいと考えているようです。

「22卒の就活生33名に聞いた!コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.5」では、これまでに面接官に聞かれて嫌だった質問についてまとめています。もしかすると皆さんが無意識のうちにしている質問が学生の意欲を減退させてしまっているかもしれません・・・。

ぜひ併せてお読みください。

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.1

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.2

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.3