22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.5

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.5

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.5 640 427 株式会社アールナイン

今回は、2022卒新卒採用の振り返りレポートvol.5をお届けします。弊社の1次選考を受検してくださった33名の就活生へのアンケート結果をもとにした記事になります。

これから採用活動が本格化する企業も多いと思いますが、vol.1~vol.4のコラムも含めてぜひイマドキ大学生の傾向を摑む一助としてご活用ください。

vol.1の内容は「就活生が企業を選ぶ際に重要視する項目」「就活生が利用するサービス」です。

vol.2の内容は「就活生が情報収集に利用するSNS」「就活生が進路について相談する相手」です。

vol.3の内容は「就活生のインターンシップ参加社数」「インターンシップを選ぶ際に重要視する項目」です。

vol.4の内容は「面接はオンラインと対面どちら派?です。

企業の新卒採用サイトを閲覧する際に重視している項目を教えてください

1位:会社概要・・・・・・・・・・46pt

2位:募集要項・採用職種・・・・・45pt

3位:研修・福利厚生・・・・・・・36pt

 4位:代表メッセージ・・・・・・・30pt

5位:社員インタビュー・・・・・・28pt

6位:キャリアパス・・・・・・・・24pt

7位:選考フロー・・・・・・・・・23pt

8位:社員データ・・・・・・・・・16pt

(まったく重視しない=-2pt、あまり重視しない=-1pt、どちらでもない=0pt、やや重視する=1pt、かなり重視する=2ptで計算)

就活生が最も重要視しているのは「会社概要」でした。
会社概要は企業のことを深く理解するための第一歩です。具体的には「会社の所在地」「設立年月日」「従業員数」を確認している人が多いようです。

就活生が2番目に重要視しているのは「募集要項・採用職種」でした。
厚生労働省は、労働者の募集を行う際に最低限明示しなければならない労働条件を次のように定めています。それは「業務内容」「契約期間」「試用期間」「就業場所」「就業時間」「休憩時間」「休日」「時間外労働」「賃金」「加入保険」「募集者の氏名」です。特に、就業場所については転勤の有無、時間外労働については裁量労働制の有無、賃金についてはみなし残業制の有無の記載に注意が必要です。また、就業経験がない学生は働くイメージがついていないことが多いため、採用職種での業務内容については出来る限り詳細に記載するようにしましょう。

就活生が3番目に重要視しているのは「研修・福利厚生」でした。
福利厚生について記載できることは次のようにたくさんあります。「社会保険」「通勤手当」「社宅有無」「住宅手当」「制服の貸与」「食事補助」「退職金・財形貯蓄・確定拠出年金」「役職手当」「家族手当」「資格手当」「子育て支援」「髪型・服装」「レクリエーション」「再雇用制度」「独立支援制度」などです。福利厚生を記載する際のコツは、とにかく詳細に書くことです。例えば「住宅手当あり」「役職手当あり」といった内容では、「住宅手当はいくら出るのか?」「役職に就くと月給がどれくらいアップするのか?」などをイメージすることができませんので詳しい説明を明記することが大切です。

就活生が4番目に重要視しているのは「代表メッセージ」でした。
社員規模が小さくなれば小さくなるほど企業における代表の影響力は強くなります。学生が代表メッセージに求めているのは「共感」です。かしこまって難しい内容を記載するのではなく、学生にもわかりやすい言葉で、会社を設立した理由や将来的に新入社員と目指したい世界を記載することが重要です。

就活生が5番目に重要視しているのは「社員インタビュー」でした。
社員インタビューがあると、学生は企業の雰囲気を把握しやすくなります。特に、コロナ禍で社員と直接コミュニケーションを取ることが難しい状況下ですから、社員インタビューを記載していない企業はぜひこの機会にコンテンツを作成するとよいでしょう。

就活生が6番目に重要視しているのは「キャリアパス」でした。
新卒採用では、正式な終了経験がない人がほとんどですから入社した後の活躍イメージを描くのは困難を極めます。キャリアパスを記載するというと難しく感じるかもしれませんが、おすすめは新卒で入社している社員の入社時から現在までのキャリアについてまとめることです。新入社員が求めているのは、10年後のキャリアではなく、1年後・3年後のキャリアです。社員インタビューの一環として活躍している若手社員のこれまでのキャリアについてまとめてみるとよいでしょう。

就活生が7番目に重要視しているのは「選考フロー」でした。
採用サイトに選考フローを記載していない企業は多いですが、ぜひ記載するようにしましょう。学生の立場からすると、これからどんな選考が何回くらい待ち受けているのかがわからないと不安がついて回ります。事前にホームページで公表することにより、学生が余計な心配をすることなく、選考に臨むことができるでしょう。

就活生が8番目に重要視しているのは「社員データ」でした。
「男女比」「平均年齢」といった情報はあれば嬉しいけれど重要視はしないようです。

いかがでしたか?
5回にわたり22年新卒採用の大学生最新事情をお伝えしてまいりました。これから活発になる新卒採用活動にぜひお役立ていただければと思います。

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.1

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.2

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.3

22卒の就活生33名に聞いた! コロナ禍で頑張る大学生のイマドキ就活事情vol.4