社会人基礎力とは?【新入社員に企業が身につけさせるべき3つの能力と12の能力要素】

社会人基礎力とは?【新入社員に企業が身につけさせるべき3つの能力と12の能力要素】

社会人基礎力とは?【新入社員に企業が身につけさせるべき3つの能力と12の能力要素】 640 427 株式会社アールナイン

近年、特に新卒採用を実施する企業において「社会人基礎力」が注目を集めています。この記事では「社会人基礎力」について徹底的に解説します。

社会人基礎力とは

「社会人基礎力」とは、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年に提唱した3つの能力(12の能力要素)のことです。

2006年は、一般的にニートと称されるような「若年無業者」が社会問題化されていた時代。「教育界(大学)」が育む能力と「産業界(企業)」が求める能力に乖離があったため、経済産業省が社会人として必要な能力を言語化するに至りました。

また、最近、世界一の長寿国である日本では「人生100年時代」と言われるようになり、「これまで以上に長くなる個人の企業・組織・社会との関わりの中で、ライフステージの各段階で活躍し続けるために求められる力」が必要となっています。

そこで、2018年、経済産業省は「人生100年時代における社会人基礎力」を提唱。「社会人基礎力」は学生から社会人への移行をスムーズにすることを目的としていたのに対し、こちらは変化の激しい時代の中で長期的に活躍することを目的に作成されました。

社会人基礎力が重要である理由

現代の日本社会は、人生100年時代かつ変化が予測できないVUCA時代にあります。そのなかで活躍人材として生き抜いていくためには「不断に学び続け、自分自身を振り返りつつ、必要な能力を磨き続けていく」ことが求められています。

業界・業種により求められる専門スキルは異なりますが、「社会人基礎力」はどんな企業で活躍する上でもベースとなる基礎能力です。企業の視点からみれば、新入社員に社会人基礎力を確実に身につけさせることが、個人の成長に繋がり、企業の成長に繋がります。

社員の社会人基礎力なくして企業の成長なし。社会人基礎力は企業の成長を左右する根本的な要素だからこそ、重要なのです。

社会人基礎力を構成する3つの能力と12の能力要素

「社会人基礎力」は3つの能力と12の能力要素から構成されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

①前に踏み出す力

一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力です。

  • 主 体 性:物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 実 行 力:目的を設定し確実に行動する力

指示待ちにならず、当事者意識を持って物事を捉え、主体的に行動できるようになることが求められます。

②考え抜く力

疑問を持ち、考え抜く力です。

  • 課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  • 計 画 力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにして準備する力
  • 創 造 力:新しい価値を生み出す力

論理的に答えを出すこと以上に、自ら課題提起し、解決のためにシナリオを描く、自律的な思考力が求められます。

③チームで働く力

多様な人々とともに目標に向けて協力する力です。

  • 発 信 力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾 聴 力:相手の意見を丁寧に聞く力
  • 柔 軟 性:意見の違いや相手の立場を理解する力
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 規 律 性:社会のルールや人との約束を守る力
  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

グループ内の協調性だけに留まらず、多様な人々とのつながりや協働を生み出す力が求められます。

人生100年時代における社会人基礎力

2018年のアップデートでは、人生100年時代に対応するために3つの能力(12の能力要素)に加えて3つの視点が追加されました。

①目的「どう活躍するか」

「自己実現・社会貢献に向けて行動する姿勢」です。人生100年時代の長期的なキャリアにおいては、具体的な活躍の場を得るために、常に主体的に考え、行動をとり続ける必要があります。「どう活躍するか」の視点を持つためには、「前に踏み出す力」がいっそう重要になります

②学び「何を学ぶか」

「何を学べばよいか自分自身の頭で考え、不断に学び続ける姿勢」です。人生100年時代の長期的なキャリアにおいては、自分の強みや弱みを把握したうえで自身のスキルや経験を時代に合わせて磨き続けることが必要になります。「何を学ぶか」の視点を持つためには「考え抜く力」がいっそう重要となります。

③組合せ「どのように学ぶか」

「様々な体験・経験を組み合わせて考え、自己実現に繋げる姿勢」です。人生100年時代の長期的なキャリアにおいては、常に価値観をアップデートさせながら変化の激しい時代のなかで成長し続ける必要があります。「どのように学ぶか」の視点を持つためには、「チームで働く力」がいっそう重要になります。

「社会人基礎力」の3つの能力と12の能力要素を身につけつつ、定期的に3つの視点から自分自身について振り返ることにより、より良いキャリアを切り開くことができるでしょう。

新入社員研修は社会人基礎力を育む絶好の機会!

この記事では、個人の成長と企業の成長に欠かせない「社会人基礎力」について解説しました。ただ、社会人基礎力の重要性について頭で理解していることと、実際に社会人基礎力を身につけて仕事で実践できるようになることには大きな差があります。弊社では、企業の新入社員研修を代行し、社会人基礎力を身につけさせるためのサポートをいたしております。

●R09の研修事例

 

 

 

 

 

 

 

  • 新入社員の育成に課題を感じている
  • 新入社員の定着率に課題を感じている
  • 新入社員を育成するためのマンパワーが足りない

上記のようなお悩みを抱える人事担当者様。弊社では無料でご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。