中途採用成功に必要なエージェントの中長期施策「ロングテール」とは?

中途採用成功に必要なエージェントの中長期施策「ロングテール」とは?

中途採用成功に必要なエージェントの中長期施策「ロングテール」とは? 640 427 株式会社アールナイン

昨今の中途採用では苦戦を強いられている、と感じる人事担当者は少なくないのではないでしょうか。前回、エージェント(人材紹介会社)との関係構築についてお伝えさせていただきました。

【中途採用】複数ルートからの応募者を一括管理できるシート(エクセルフォーマット)
【中途採用】複数ルートからの応募者を一括管理できるシート(エクセルフォーマット)
中途採用の応募者を一括管理できるシートです。
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
中途採用を成功させるためにはエージェントと良好な関係を築くことが大切です。このチェックシートを使えば、現在の転職エージェントの活用度合いがわかります。結果をもと.....
中途採用の成功は「エージェント」との関係性構築がカギ! 紹介をもっと増やすには?
中途採用の成功は「エージェント」との関係性構築がカギ! 紹介をもっと増やすには?
2020年の夏までは転職希望者数も増加傾向にありましたが、コロナの影響が長期化している今、転職市場における採用の難易度が上昇しています。 そのような中、エージェ.....

今回はエージェントからより多くの候補者を紹介してもらうための体制づくりについて解説します。

中途採用では採用が決まった時点でエージェントに相談する場合が多いかと思います。短期的な採用はそれでも可能ですが、中長期的な採用計画を成功させるためには、採用ポジションが出た際や将来大量採用する際に備えて候補者をいち早く紹介してもらえるようエージェントとの協力体制を常に整えておくことが重要です。その体制づくりのカギとなるのは、まず多くのエージェントと接触しておくことです。

エージェントの種類によって候補者の層も変わってくる

多くの企業は、どちらかの大手転職エージェントとすでに取引があるのではないでしょうか。ご存知の通りエージェントは数多くあります。エージェントの規模や企業によって登録している候補者も異なりますので、各エージェントの特徴について大まかに把握したうえで活用していきましょう。そこで、ここではエージェントの規模ごとの特徴をお伝えしていきます。

  • 大手エージェントは圧倒的「候補者数」を保持

大手エージェントは、圧倒的な登録者数が強みです。求人のデータベースが多く集客力もあるため、ほとんどの業界に対し網羅的な候補者の登録があります。母数から見たときに、一般的な職種については候補者を推薦してもらいやすいと思われます。一方で、企業担当のRA(リクルーティングアドバイザー)と候補者担当のCA(キャリアアドバイザー)が別の場合が多いため、しっかり情報共有ができるよう求人内容の伝え方がカギになっていきます。

  • 中小エージェントは「分野」や「専門職」に強み

中小エージェントは、扱っている求人や候補者への対応で大手との差別化を図っている場合が多いです。大手エージェントにはない層へアプローチできる可能性もあります。たとえばIT、飲食など業界に特化した紹介もあれば、エンジニアデザイナーなど職種に特化した紹介もあります。また、大手エージェントでは業界などで部署が分かれていますが、業界に特化した中小のエージェントは、より的確に専門性を理解したうえで紹介を行う場合が多いです。また、候補者にしっかりと寄り添いカウンセリングをする、RAとCAを兼任するなど、候補者へのフォローや紹介の丁寧さなども挙げられます。中小エージェントと協力体制を構築することは、採用競合とバッティングしないブルーオーシャンの戦略でもあります。

  • その他

上記に当てはまらないようなエージェントもあります。例えば、ヘッドハンティングのような企業などです。大手エージェントにはいないハイクラス層の候補者が登録されている可能性が高いため、ポジションや採用難度によって選択肢に加えていくことをおすすめします。

新規エージェントの開拓方法

前述したように、エージェントごとに登録者層や得意分野が違うため、まずはエージェントの情報を集めましょう。新規エージェントと接点をとる際には、個別の打ち合わせも大切ですが、エージェント説明会などでまとめて情報共有を行うというやり方もあります。多くのエージェントと接点を持っておくと、ここぞという時に相談がしやすい体制をつくることができます。

「ロングテール」施策とは?

エージェント施策における「ロングテール」とは弊社独自の言葉で、中小エージェントとできる限り多くの接点を持つことです。例えば1社から1名求める人材像にぴったり当てはまる候補者を紹介されると想定して、接点を持った社数分の紹介をもらえるようにする施策です。例えば、短期的には当てはまる人材の紹介をもらえるようにエージェントに情報提供しつつ、中長期的には、他のポジションでの採用もすぐに紹介をもらえるようなインフラをつくっていくイメージです。例えば数百社のエージェントと接点を取り、まとめて説明会を行ったりメルマガを送付したりして関係構築を行っていきます。そして推薦をもらえた際には、そのエージェントと契約をするというイメージです。

アウトソーシングをうまく活用する

数多くのエージェントと接点を持つことは採用力向上に繋がりますが、同時にかなり工数がかかります。そのため効果的な体制をつくりたい場合は、エージェントのやり取りをアウトソースするという手もあります。例えば、主要エージェント(紹介・決定数が多い)に関しては自社で対応し、その他の中小エージェントとの関係構築をアウトソースするというやり方です。アウトソーシング会社は、エージェントの内情を知ったうえで、求人の伝え方を工夫しながら関係構築を進めることができます。

中長期的に体制を整え、顕在層だけではなく潜在層にもアプローチを

今後中途採用は、職種にもよりますが採用難度が高くなっていくでしょう。そうなった場合、現在転職市場にいる候補者と接触するだけではなく、「今後転職を考える層」に対してもアプローチを行い、将来的に候補者になりうる方を増やしていくことが大切です。エージェントを有効活用し、採用の土台をつくっていきましょう。

まとめ

◇エージェントの種類によって候補者の層が変わる
「大手エージェント」…圧倒的「候補者数」を保持
「中小エージェント」…「分野」や「専門職」に強み
「ヘッドハンティング」…ハイクラス層の候補者
◇新規エージェントの開拓方法
日頃から多くのエージェントと接点を持っておく。
◇「ロングテール」施策とは?
エージェント施策における「ロングテール」とは弊社独自の言葉。接点を持ったエージェントから1名を紹介してもらうと想定し、数百社と接点をとり、まとめて説明会を行ったりメルマガを送付したりして関係構築を行い推薦をもらえたエージェントと契約する。
◇アウトソーシングをうまく活用する
エージェントとのやりとりをアウトソーシングすることも可能。
◇中長期的に体制を整え、顕在層だけではなく潜在層にもアプローチを
今後中途採用の採用難度が高くなることを想定し、「今後転職を考える層」に対してもアプローチを行う。

【中途採用】複数ルートからの応募者を一括管理できるシート(エクセルフォーマット)
【中途採用】複数ルートからの応募者を一括管理できるシート(エクセルフォーマット)
中途採用の応募者を一括管理できるシートです。
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
中途採用を成功させるためにはエージェントと良好な関係を築くことが大切です。このチェックシートを使えば、現在の転職エージェントの活用度合いがわかります。結果をもと.....
中途採用の成功は「エージェント」との関係性構築がカギ! 紹介をもっと増やすには?
中途採用の成功は「エージェント」との関係性構築がカギ! 紹介をもっと増やすには?
2020年の夏までは転職希望者数も増加傾向にありましたが、コロナの影響が長期化している今、転職市場における採用の難易度が上昇しています。 そのような中、エージェ.....