内定者フォローツールとは?特徴やおすすめのツールを紹介

内定者フォローツールとは?特徴やおすすめのツールを紹介

内定者フォローツールとは?特徴やおすすめのツールを紹介 640 426 株式会社アールナイン

多くの会社では新卒採用や中途採用を行い、自社に合った人材を探そうとします。採用担当者は採用試験において、応募者と連絡を取ったり、面接を行ったりとさまざまな業務を行わなければなりません。

しかし、大人数の応募者がいる場合、1人で担当できる人数は限られてしまいます。採用担当者は大人数の応募者に対し、柔軟に対応できるシステムを構築する必要があるでしょう。そのような時は、内定者フォローツールを導入することによって業務の効率化が期待できます。

今回の記事では、内定者フォローツールの特徴やおすすめのツールについてご紹介します。この記事を読み終わった採用担当者は、効率的な採用活動を進めることができるでしょう。

内定者フォローツールとは

内定者フォローツールとは、採用担当者と内定者のコミュニケーションを図るサービスです。ツールの機能としてコミュニケーションだけではなく、オンライン学習やSNSなど複数のサービスを利用できます。

例えば、複数人の内定者に研修会の案内を送りたい場合、ツールを用いるとメッセージを一括送信できます。また、入社までのオンライン学習にも取り組めるでしょう。内定者フォローツールは、メッセージやオンライン学習などさまざまな機能を利用できます。

採用担当者は内定者1人1人にメッセージを送信したり、送り忘れたりすることが無くなるでしょう。効率的に採用業務を進めたい担当者は、内定者フォローツールの導入を検討してみましょう。

内定者フォローツールの特徴

内定者フォローツールの特徴として、自社に合った人材の内定辞退を防ぐことができる点が挙げられます。

例えば、「入社後の仕事に関すること」や「同僚と上手くコミュニケーションが取れるのか」など、さまざまな不安が募ってしまい、内定を辞退する人がいます。また、入社前に会社の採用担当者とのやり取りが無いことで、モチベーションが下がってしまうこともあり得るでしょう。内定者は入社日までの期間が空いていると、モチベーションや不安に影響が出ます。

そこで、採用担当者は内定者が入社するまでの期間に、内定者フォローツールを生かして定期的なコミュニケーションを取り、内定者の不安を払拭しましょう。さらに、内定者が自社の社員と直接会える機会を作り、会社の魅力を伝えることも忘れてはなりません。応募者が内定辞退を選択することのないよう信頼関係を築いておきましょう。

内定者フォローツールのメリット

内定者フォローツールは、採用活動を効率的に進めることができる便利なツールです。ツールを利用すると、採用担当者にはさまざまなメリットを得られ、他の業務と並行しながらでも採用活動を円滑に進められるでしょう。

以下が内定者フォローツールを使用する4つのメリットです。

  • 業務の負担が減る
  • 内定辞退を防ぐことができる
  • 内定者のさまざまな能力が養える
  • 入社後の職場に馴染みやすくなる

ここでは、項目ごとにメリットを紹介します。

1. 業務の負担が減る

1つ目は採用担当者の業務への負担が減ることです。内定者フォローツールにはさまざまな機能が搭載されており、内定者と効率的にやり取りができるからです。

例えば、複数人の内定者に研修の案内を伝えたい場合、ツールを使えば一括で送信できます。また、定期的な連絡もツールを通して行えるため、他のアプリを導入する必要がありません。採用担当者は1つのツールで内定者とさまざまなやり取りができます。採用以外の業務も任されている方はツールを使い、業務の負担を軽減しましょう。

2. 内定辞退を防ぐことが可能

2つ目のメリットとしては内定辞退を防ぐことができます。内定者フォローツールを用いることで定期的な連絡が取れ、内定者のモチベーションの低下を抑えたり不安を解消できたりするでしょう。

例えば、内定者に対し不安や疑問を聞く機会を作り、その都度問題点を解決します。さらに、先輩社員と直接対談できる機会を設け、コミュニケーションを図ります。

採用担当者は、内定者の意欲が下がらないように定期的なフォローを入れることが必要です。もしも、内定者を放置する状態が続けば、辞退を申し出られることもあるでしょう。内定者と信頼関係を築きながら、スムーズに入社できる環境を整えましょう。

3. 内定者のさまざまな能力が養える

3つ目は内定者のさまざまな能力を養えることです。内定者フォローツールの中にはオンライン学習ができる機能も搭載されています。

例えば、入社前に理解しておくべき業界用語やマナーについて、ツールを通し学ぶことが可能です。さらに、オンライン学習のため、各内定者の進行状況を確認できます。入社前から内定者のさまざまな能力を養え、即戦力が期待できるでしょう。採用担当者はツールを通して、内定者の能力とモチベーションを高めましょう。

4. 職場に馴染みやすくなる

4つ目は職場に馴染みやすくするきっかけを作れることです。内定者フォローツールの中には、内定者同士がやりとりできる機能を搭載しているものがあり、コミュニケーションを図ることができます。また、採用担当者とも連絡が取れるため、職場に馴染みやすくなるでしょう。

例えば、ツール内で内定者同士が連絡を取り合う機会があれば、入社前から信頼関係を築くことができます。入社後、内定者同士が仕事の悩みや不安を相談し合え、仕事へのモチベーションを保ちやすくなるはずです。また、仲の良い同期がいることで職場の人とも接する機会が増えます。採用担当者は、内定者が職場に馴染めるような環境を作りましょう。

内定者フォローツールのデメリット

内定者フォローツールにはさまざまなメリットがある一方、デメリットも存在します。ツールを導入する前にデメリットを把握しておくことで、より上手く使いこなせるでしょう。

以下が内定者フォローツールの2つのデメリットです。

  • 入社への意欲が下がる場合もある
  • 過度なやりとりに負担を感じる

2つのデメリットについて、項目ごとに詳しく解説します。

1. 入社への意欲が下がる場合もある

1つ目のデメリットは入社への意欲が下がる場合もあることです。会社から頻繁に連絡や課題があると逆に入社意欲を下げてしまう内定者がいます。

例えば、学校の授業や現職に悪影響が出るほどの課題が出された場合、会社への不満や不信感を抱くでしょう。また、課題の内容によって必要性の有無を考えることもあります。

採用担当者は、内定者に負担がかからない程度の連絡頻度や課題量を調整しましょう。もしも、連絡頻度や課題量を把握できていない時は、直接内定者に聞いてみることをおすすめします。内定者の不安や不満を聞きながら、スムーズに入社してもらえる環境を整えましょう。

2. 過度なやりとりに負担を感じる

2つ目のデメリットは内定者が過度に負担を感じることです。なぜなら、ツールでメッセージや課題の進捗状況を管理した場合、監視されていると負担に感じる内定者もいるからです。

例えば、ツール内で課題の提出やスケジュール管理を行うと、使い方が慣れずにストレスを覚えるケースがあります。さらに、頻繁にメッセージが届くと早急に返信しなくてはならないと焦る内定者もいるでしょう。内定者フォローツールを導入している会社は、内定者に説明した上で使用しましょう。内定者が過度に負担を感じないような取り組みを進めてください。

内定者フォローツールの種類

内定者フォローツールには複数の種類があります。会社はツールによってタイプが異なるため、自社に合ったものを使うようにしてください。以下が内定者フォローツールの主な3つの種類です。

  • 業務を効率化できるツール
  • コミュニケーション重視のツール
  • 採用から内定後までフォローできるツール

ここでは、内定者フォローツールの種類をタイプごとに紹介します。

1. 業務を効率化できるツール

1つ目のタイプは、業務を効率化できるツールです。ツールによっては複数人の内定者とメッセージでやり取りを行うだけではなく、スケジュール管理やオンライン学習などができます。

例えば、複数人の内定者に重要なメッセージを送りたい場合にツールを使えば、メールを送り忘れるリスクを防ぐことが可能です。また、メッセージのやり取りを一括できるため、効率的に業務を進められるでしょう。

採用担当者はさまざまな業務を担っており、1つのことに費やす時間が限られています。そのため、内定者フォローツールを導入して効率的かつミスを防ぐ必要があります。

2. コミュニケーション重視のツール

2つ目のタイプは、コミュニケーション重視のツールです。採用担当者と内定者の信頼関係をしっかり築きたい会社におすすめします。このタイプはツールを通して、採用担当者と内定者が気軽にやり取りできます。

例えば、職場の雰囲気や各社員を知ってもらうために、SNSを投稿できるツールがあります。さらに、内定者同士が連絡を取り合えるツールもあり、入社前から交流を図ることができるでしょう。内定者の中には、入社前に「内定者ブルー」になってしまう人がいます。そこで、採用担当者は内定者の不安や悩みを解消するために、コミュニケーション重視のツールを導入してみましょう。入社前に内定辞退者が続出しないように、早めに対策を取ることが重要です。

3. 採用から内定後までフォローできるツール

3つ目のタイプは、採用から内定後までフォローできるツールです。このタイプは、採用活動の情報管理から内定者へのフォローまでを一括で管理できます。

例えば、採用活動中の応募者とのメッセージができる機能や内定者に向けた情報発信機能など多様な機能が搭載されています。また、内定者のログイン状況を把握できる機能があるツールも存在します。採用活動から内定者のフォローまで効率的に進めたい会社は、一括管理できるツールを導入しましょう。

内定者フォローツール5選

上記で説明した通り、内定者フォローツールは主に3つのタイプがあります。採用担当者は効率的に採用活動を進めるために、自社に合ったツールを選ぶことが大切です。ツールの選び方次第で、かえって非効率になるリスクもあります。

以下が、おすすめの内定者フォローツールになります。

  • エアリーフレッシャーズクラウド
  • エブリONE
  • MOCHICA
  • バヅクリ
  • Chaku2 NEXT

ここでは、内地者フォローツールを5選紹介します。

1. エアリーフレッシャーズクラウド

エアリーフレッシャーズクラウドは豊富な実績があり、サポート体制が万全なツールです。また、内定者フォロー専用のシステムを設けており、セキュリティ面でも安心できます。コミュニティ機能やセキュリティ面で安心かつ使いやすいサービスを提供しています。会社側と内定者側の双方にとって、効率的に使用できるツールの1つです。

URL:エアリーフレッシャーズクラウド

2. エブリONE

エブリONEは、初期費用が無料で導入しやすい料金体系のツールです。機能としては「なるほどボタン」や「確認ボタン付きメッセージ配信機能」など、コミュニティ面で充実したサービスを提供しています。さらに「共有ファイル・共有リンク機能」があり、情報の共有がスムーズに行えるでしょう。セキュリティ面では、ウィルスチェックや専用のソフトを装備しています。

URL:エブリONE

3. MOCHICA

MOCHICAは、LINEと連携したツールです。採用担当者は応募者に向けて、選考の日程や結果を送ることができます。一般的な連絡方法であるメールや電話と比べて、簡単かつスムーズなやりとりが可能です。採用担当者はLINEを通じて、応募者や内定者との距離を縮めることができます。また、採用活動の効率化も期待できるでしょう。

URL:MOCHICA

4. バヅクリ

バヅクリは研修や内定者同士の交流に優れたサービスです。ツールでは内定者同士が楽しく学びながら、交流を深められるプログラムを80種類以上用意しています。バヅクリはオンラインとオフラインのイベントを組み合わせており、内定者同士の繋がりを深めることができます。内定辞退者を防ぐために、コミュニティに特化したサービスを利用してみても良いでしょう。

URL:バヅクリ

5. Chaku2NEXT

Chaku2NEXTは採用担当者と応募者を繋ぐ役目だけではなく、会社の詳しい情報を伝えられるツールです。また、管理画面が使いやすく、操作の負担を軽減してくれます。母集団形成から内定辞退防止までさまざまな面でサポートしてくれるため、採用業務の負担を減らすことができるでしょう。

Chaku2NEXTは、会社側と応募者側の双方が使いやすい機能を搭載しています。また、ツールを導入するにあたり、リーズナブルな価格でコストを抑えられます。

URL:Chaku2 NEXT

まとめ

本記事では、内定者フォローツールについて、特徴やおすすめのツールを紹介しました。採用担当者は自社に合ったツールを使用することで、効率的に採用活動を進めることができます。さらに、内定者辞退を防ぎながら優秀な人材を迎え入れることもできるでしょう。内定者フォローツールはコミュニケーションだけではなく、オンライン学習も行えます。オンライン学習を通して、内定者にさまざまな知識を深めてもらいましょう。

採用活動を円滑に進めるために内定者フォローツールの導入を検討してみてください。

◆内定者フォローツールとは「採用担当者と内定者のコミュニケーションを図るサービス」
◆内定者フォローツールは「自社に合った人材の内定辞退を防ぐことができる」
◆内定者フォローツールのメリット
1. 業務の負担が減る
2. 内定辞退を防ぐことが可能
3. 内定者のさまざまな能力が養える
4. 職場に馴染みやすくなる
◆内定者フォローツールのデメリット
1. 入社への意欲が下がる場合もある
2. 過度に負担を感じる
◆内定者フォローツールの種類
1. 業務を効率化できるツール
2. コミュニケーション重視のツール
3. 採用から内定後までフォローできるツール
◆内定者フォローツール5選
1. エアリーフレッシャーズクラウド
2. エブリONE
3. MOCHICA
4. バヅクリ
5. Chaku2NEXT