スカウト代行サービスにアウトソースする7つのメリット

スカウト代行サービスにアウトソースする7つのメリット

スカウト代行サービスにアウトソースする7つのメリット 640 407 株式会社アールナイン

「ダイレクトリクルーティングを自社で活用したいが、十分なリソースを確保できない」
「自社にはノウハウがないため、ダイレクトリクルーティングを運用できない」

このようにダイレクトリクルーティングを活用したいと思っているものの、自社で運用できる状態が整っていないという悩みを抱える人事担当者の方も多いのではないでしょうか。

ダイレクトリクルーティングは、正しく運用すればマッチング率を高め、他の媒体では出会えない人材も獲得できる効果的な採用手法です。

その反面、運用には労力やノウハウが必要とされることも事実です。

そのような課題を解決する方法が、ダイレクトリクルーティングのアウトソースです。

アウトソースの方法としては、「スカウト代行サービス」と呼ばれるスカウト型ダイレクトリクルーティングに関するノウハウや実績のある企業へ委託するのが一般的です。

今回の記事では、ダイレクトリクルーティング運用の悩み、スカウト代行サービスを活用するメリットやサービス内容などについて解説いたします。

「自社ではダイレクトリクルーティングは運用できない…」と諦めていた人事担当者の方には、ぜひ読んでいただきたい内容です。

スカウト代行サービスにアウトソースして、ダイレクトリクルーティングを効率的に運用しながら、採用課題を解決していきましょう。

ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングは、企業が候補者へ直接アプローチをする採用手法です。

ダイレクトリクルーティングには、求人掲載や転職サイトなど他の採用手法にはない、尖った強みがあります。

ダイレクトリクルーティングの強みについて、順番に解説していきます。

ダイレクトリクルーティングの強み

ダイレクトリクルーティングは、求人掲載や転職サイトなどのような「待ち」の採用手法ではなく、企業から候補者へ積極的にアプローチできる「攻め」の採用手法です。

ダイレクトリクルーティングには、以下のような尖った強みがあります。

1. 潜在層へのリーチが可能

ダイクレクトリクルーティングでは、潜在層にリーチすることができます。

まだ、転職市場に現れていない潜在層へリーチすることで、他社と人材を奪いあう競争を回避できます。

また、潜在層へのアプローチにより、他の採用手法では巡り会えなかった人材と出会えるのも大きなメリットです。

2. 運用次第でコストパフォーマンスも高くなる

ダイレクトリクルーティングは、効率的な運用ができれば採用コストを抑えることができます。

スカウト代行サービスにアウトソースする場合でも、着実に採用実績を出すことができれば、他の採用手法と比較してマッチング率の高い人材を獲得できます。中長期で見ればコストパフォーマンスの高い採用手法といえるでしょう。

3. ハイクラス人材やグローバル人材へのアプローチも可能

ダイレクトリクルーティングでは、ハイクラス人材やグローバル人材にもアプローチすることができます。

ダイレクトリクルーティングでは、候補者のキャリアや能力を絞ってリーチできるため、自社の採用課題に応じた活用が可能です。

転職市場に現れていない有能な人材にアプローチできるのも、ダイレクトリクルーティングの強みです。

4. 採用のマッチング率を上げることができる

ダイレクトリクルーティングは、採用自体のマッチング率を上げることができる採用手法です。

自社の採用ペルソナに絞ってダイレクトにアプローチできるため、入社後のミスマッチも大幅に減らすことができます。

ダイレクトリクルーティングの活用により、採用の質も高めることが可能です。

5. 他の採用手法と併用することで、総合的な採用力が高められる

ダイレクトリクルーティングは、前述したような他の採用手法にはない強みを持っています。

ダイレクトリクルーティングの強みを他の採用手法と併用することで、アプローチできる人材の幅を広げ、採用全体のマッチング率の向上が可能になります。

採用活動全体という視点で考えた時にも、ダイレクトリクルーティングの活用は大きな武器となるでしょう。

ダイレクトリクルーティング運用での悩みと解決方法

「ダイレクトリクルーティングの強みは理解することができたが、実際に運用するのには悩みを抱えている」という担当者の方も多いでしょう。

ダイレクトリクルーティングは尖った強みがある反面、その強みを引き出すためには、それ相応に必要なものもあります。

ダイレクトリクルーティングの運用にあたって担当者が直面する悩みについて整理していきます。

ダイレクトリクルーティングを運用するリソースが不足している

ダイレクトリクルーティング運用の悩みで多いのが、リソースに関する悩みです。

ダイレクトリクルーティングは、運用に工数がかかる採用手法です。

候補者の選定、候補者一人一人にカスタマイズしたスカウトメールの作成、候補者との面談など各プロセスの一つ一つを高いクオリティで行う必要があります。

リソースが無いという理由で、全ての候補者に一辺倒で機械的な運用をすれば、ダイレクトリクルーティングの強みを活かすことはできません。

ダイレクトリクルーティング運用のノウハウがない

ダイレクトリクルーティング運用のノウハウに関して悩みを抱える担当者の方も少なくありません。

ダイレクトリクルーティングの強みを知り運用したいと思ったものの、いざ運用を開始するとなると、何から始めればよいか分からない、どのようなコツがあるのか分からないというケースも多いようです。

ダイレクトリクルーティングは、確かなノウハウが必要とされる採用手法のため、導入時にハードルを感じる方も少なくありません。

ダイレクトリクルーティングをアウトソースすることで解決できる

ダイレクトリクルーティングの悩みは、スカウト代行サービスへアウトソースすることで解決できます。

リソースに余裕がない場合も、自社にダイレクトリクルーティングのノウハウがない場合でも、スカウト代行サービスへ業務を任せることで効果的な運用をスタートすることができます。

リソースに余裕がない状態で、無理に自社だけで運用をスタートしても結果へ結びつけることは困難です。

また、ダイレクトリクルーティングのノウハウが全くないところから運用を開始した場合、効果が出るまでには長期の期間が必要とされます。

スカウト代行サービスに運用を任せれば、これらの問題を解決しダイレクトリクルーティング運用の成功を通して、自社の採用課題をより早く解決できます。

ダイレクトリクルーティングをアウトソースする7つのメリット

もう少し深堀りして、ダイレクトリクルーティングをアウトソースするメリットについて解説していきます。

ダイレクトリクルーティングを活用することで多くのメリットが得られ、担当者にも余裕が生まれます。そうなると、本来、担当者が注力すべきコアな業務に集中できるようになります。

ダイレクトリクルーティングのメリットについて、詳しく解説していきます。

1. 自社だけでダイレクトリクルーティングを運用するより、早く効果が期待できる

スカウト代行サービスを活用することで、効果が出るまでの期間を早めることができます。

ダイレクトリクルーティングを自社で運用した場合、導入段階では思うように効果はでず、改善を繰り返すことで、少しずつ効果が表れるものです。

スカウト代行サービスを活用すれば、すでにノウハウのある状態からスタートできるため、効果が出るまでには多くの時間を要しません。

短い期間で効果を期待できるのも、スカウト代行サービスを活用するメリットの1つです。

2. 経験豊富なスペシャリストのノウハウを活かした運用ができる

スカウト代行サービスに業務を委託すれば、多くのダイレクトリクルーティング事例を経験しているスペシャリストのノウハウを活用した運用ができます。

ダイレクトリクルーティングは、多くの事例を経験し、分析、改善を繰り返すことで確かなノウハウを蓄積することができます。

しかし、これを自社だけで行おうとした場合、ノウハウの蓄積には長い期間を必要とします。

スカウト代行サービスを活用した場合、経験豊富な担当者が確かなノウハウを活かし運用してくれるため、着実に結果へ結びつけることができます。

3. リソース不足に悩んでいた担当者も、本来対応すべきコア業務に注力できる

スカウト代行サービスに業務を依頼することで、運用担当者のリソースを確保できます。

ダイレクトリクルーティングの運用担当者は、他の業務も兼務していることがほとんどです。

人事担当者は採用ペルソナの設定や採用計画の設計など、よりコアな業務に注力する必要がありますが、リソースに余裕がなければ集中して取り組むことはできません。

スカウト代行サービスを活用してリソースを確保することで、本来注力すべきコア業務に集中できるようになります。

4. スカウト代行サービスを活用することで、コストを抑えられる場合がある

ケースによっては、自社だけで運営するより、ダイレクトリクルーティングを活用した方がコストを抑えられる場合があります。

ダイレクトリクルーティングを行うリソースがない場合は、正社員として自社社員を採用したり、派遣社員や契約社員に一部の業務を委託して運用を行うことになります。

しかし、そのような場合、給料に加え、保険や福利厚生にかかる費用なども加算されるため、結果、スカウト代行サービスを活用するより費用負担が大きくなることもあります。

スカウト代行サービスを活用することで、コストパフォーマンスを上げられる可能性もあります。

5. 担当者の交代による、引き継ぎコストをなくせる

スカウト代行サービスを活用することにより、担当者の離職や異動による引き継ぎコストをなくすことができます。

ダイレクトリクルーティングは、多くの人間で対応を分散するより、1人の専任担当者を設けて運用することが望ましいと考えられます。

その特性から、専任担当者個人に依存する部分も生じます。

専任担当者がダイレクトリクルーティング運用から離れると決まった際は、次の担当者への引き継ぎを行います。

その際、担当者間の引き継ぎにあたっての時間はもちろん、引き継がれた担当者がノウハウを蓄積する時間を考慮すると、多くの時間が必要となります。

スカウト代行サービスを活用することで、そのような引き継ぎコストをなくせるのも大きなメリットです。

6. 必要な状況に応じて活用できる

スカウト代行サービスを活用すれば、採用課題として必要になった時だけ、ダイレクトリクルーティングを運用することもできます。

本来、ダイレクトリクルーティングは長期視点で運用が必要な採用手法のため、運用の導入や中止を頻繁に決めるのは好ましくありません。

しかし、スカウト代行サービスを活用する場合であれば、効果が出るまでに多くの時間を要しないため、他に注力すべき採用課題が出た場合などには一旦中止の判断をし、必要となった際に再開するということもできます。

採用計画全体を考えながら、柔軟にダイレクトリクルーティング運用をアジャストできるのも、スカウト代行サービスを活用するメリットです。

7. 外部サービスを活用することで、客観視点での自社の強み・弱みが分かる

スカウト代行サービスのような外部サービスを活用することで、客観視点での自社の強み・弱みを把握することができます。

自社だけで運用していると、視野が狭くなり気づけないことや、外部からの見え方を勘違いしてしまうことも多々あります。

多くの企業や候補者との豊富なネットワークをもつスカウト代行サービスから、自社について客観的視点でのフィードバックを得られるのは大きなメリットです。

スカウト代行サービスに委託できる業務内容

続いて、スカウト代行サービスに委託できる業務内容について解説していきます。

スカウト代行サービスでは、ダイレクトリクルーティングに関するほぼ全ての業務を代行してくれます。

具体的に代行してくれる業務について解説していきます。

1. 戦略設計

スカウト代行サービスを活用する際は、戦略設計から一緒に進めていきます。

自社の採用課題を共有し、コミュニケーションを取りながら戦略を設計していきましょう。

2. 媒体選定

ダイレクトリクルーティング運用をする媒体の選定も、スカウト代行サービスで行ってくれます。

多くの経験を活かし、自社の採用課題にあった媒体を選定してくれます。

3. 候補者選定

ダイレクトリクルーティングの運用時に大きな負荷となる候補者選定に関しても、スカウト代行サービスで行ってくれます。

戦略設計にあった候補者を、経験から培ったノウハウを活かし選定してくれます。

4. スカウトメールの送信

候補者へのスカウトメールの送信もスカウト代行サービスが行ってくれます。

経験豊富なノウハウを活かして、候補者の特性にマッチした訴求内容のスカウトメールを作成し、送信してくれます。

5. 候補者との日程の調整

候補者との日程調整も、スカウト代行サービスが行ってくれます。

自社運用の場合、担当者が忙しいと漏れが発生してしまいがちな業務ですので、このような候補者とのコミュニケーションを代行してくれる点も嬉しい限りです。

6. 運用の分析・改善

各業務のみではなく、ダイレクトリクルーティング運用全体の結果をフィードバックし、分析や改善もスカウト代行サービスで行ってくれます。

分析や改善の効果性を上げるには、基盤となる知識やノウハウが重要です。

確かなノウハウで分析、改善を繰り返すことで、自社にあったダイレクトリクルーティング運用の質を高めていくことができます。

◆アールナインのスカウト代行サービスのご案内はこちら!

◆アールナインへのお問い合わせはこちら!

まとめ

今回の記事では、ダイレクトリクルーティングの概要、運用の悩みと解決方法、スカウト代行サービスを活用するメリットとサービス内容について解説いたしました。

ダイレクトリクルーティングは得られるメリットが多い反面、運用のハードルが高いことも事実です。

運用に関するハードルをクリアする方法として、スカウト代行サービスの活用は有用な選択肢です。

スカウト代行サービスを利用する場合、委託コストは発生するものの、成果に重点を置いてコストパフォーマンスを考えれば活用する価値は大いにあります。

コア業務に注力するためにも、委託できる部分はアウトソースして、採用活動全体の質を高めていきましょう。

◆ダイレクトリクルーティングとは「企業が候補者へ直接アプローチをする採用手法」
◆ダイレクトリクルーティングの強み
1. 潜在層へのリーチが可能
2. 運用次第でコストパフォーマンスも高くなる
3. ハイクラス人材やグローバル人材へのアプローチも可能
4. 採用のマッチング率を上げることができる
5. 他の採用手法と併用することで、総合的な採用力が高められる
◆ダイレクトリクルーティング運用での悩みと解決方法
・【悩み1】ダイレクトリクルーティングを運用するリソースが不足している
・【悩み2】ダイレクトリクルーティング運用のノウハウがない
・【解決方法】ダイレクトリクルーティングをアウトソースすることで解決できる
◆ダイレクトリクルーティングをアウトソースする7つのメリット
1. 自社だけでダイレクトリクルーティングを運用するより、早く効果が期待できる
2. 経験豊富なスペシャリストのノウハウを活かした運用ができる
3. リソース不足に悩んでいた担当者も、本来対応すべきコア業務に注力できる
4. スカウト代行サービスを活用することで、コストを抑えられる場合がある
5. 担当者の交代による、引き継ぎコストをなくせる
6. 必要な状況に応じて活用できる
7. 外部サービスを活用することで、客観視点での自社の強み・弱みが分かる
◆スカウト代行サービスに委託できる業務内容
1. 戦略設計
2. 媒体選定
3. 候補者選定
4. スカウトメールの送信
5. 候補者との日程の調整
6. 運用の分析・改善