ダイレクトリクルーティングをテンプレートで効率化するには?【例文付き】

ダイレクトリクルーティングをテンプレートで効率化するには?【例文付き】

ダイレクトリクルーティングをテンプレートで効率化するには?【例文付き】 640 427 株式会社アールナイン

採用活動が難航して困っていませんか?

従来の採用活動では、人材不足による採用難で人材を獲得しにくい状況が続いています。

人材を獲得するためには、攻めの採用活動である「ダイレクトリクルーティング」を取り入れてみましょう。

「ダイレクトリクルーティングをしたことがないのでノウハウが分からない」と、不安な方はダイレクトリクルーティングのテンプレートを活用してみましょう。

テンプレートがあれば、初めてのダイレクトリクルーティングでも、効率的に採用活動を進められるでしょう。

この記事では、ダイレクトリクルーティングについて、承認率が上がるテンプレートの作り方を合わせて紹介します。

ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作って、採用活動を円滑に進めていきましょう。

そもそもダイレクトリクルーティングとは?

ダイレクトリクルーティングとは、企業が求職者に向けて直接オファーやスカウトをして人材獲得を行う攻めの採用活動です。

一般的にスカウトメールによるダイレクトリクルーティングが主流で、自社が募集している職種・条件に合う求職者、就活生を対象にアプローチします。

従来の採用活動である求人掲載や人材紹介などでは、求職者からの応募の中から選考していく必要があったため、企業から求職者に向けて直接的なアクションを起こすことはありませんでした。

しかし、ダイレクトリクルーティングを実施することで、従来の守りの採用活動では取りこぼしていたターゲット層に積極的にアプローチすることができるのです。

攻めの採用活動であるダイレクトリクルーティングを取り入れることで、企業が求める人材を効率的に獲得できます。

なぜダイレクトリクルーティングが普及しているのか?

ダイレクトリクルーティングはアメリカでは主流の採用活動でしたが、日本では人材紹介や求人媒体など守りの採用活動が主流でした。

実際、2015年時点でリクルートワークスが実施したアンケート結果では、ダイレクトリクルーティングの普及率はアメリカで27%、日本ではわずか0.4% でした。

しかし、2019年、人事領域の調査機関であるHR総研が発表した「今後需要が高まる採用方法」では、ダイレクトリクルーティングが41%で主流になっていく と予想されました。

ダイレクトリクルーティングが日本でも注目されてきた背景には、SNSの普及と労働人口の減少による人材採用難が大きく関わっています。

情報収集源が求人媒体などを掲載するネット上からSNSに切り替わっている現在では、ネット上で求人を掲載するよりSNSで募集した方が、新卒や中途採用のメインターゲットである若年層に響きやすいのです。

また、労働人口が減少して人材の取り合いになっている現在の採用市場では、募集を待つのではなく企業自らが積極的に人材を獲得しにいかなければ優秀な人材を採用できません。

日本の採用市場・情報収集源の移り変わりから、ダイレクトリクルーティングを取り入れる企業が増えています。

採用担当者のノウハウ・経験が必要

ダイレクトリクルーティングは、すぐに結果が出ない可能性が高い採用活動です。

採用担当者がノウハウを掴んで、求職者に興味を持ってもらう集客力を身につけなければ効率的な採用活動は見込めません。

ただ新卒や中途のターゲット層にスカウトメールを送るだけでは、採用に繋げられず優秀な人材を獲得できないでしょう。

ダイレクトリクルーティングは、採用担当者のノウハウ・経験がなければ、失敗してしまう可能性が高く長期的に採用ノウハウを培っていく必要があります。

そのため、ノウハウがない企業はダイレクトリクルーティングのテンプレートを作成しておきましょう。

承認率の高いスカウトメールのテンプレートがあれば、効果的なダイレクトリクルーティングを行うことができるでしょう。

新たにダイレクトリクルーティングを取り入れる企業は、テンプレートを作成して採用活動を効率化していきましょう。

ダイレクトリクルーティングの種類

ダイレクトリクルーティングは、主に2つの種類があります。

  • SNS採用
  • データベース採用

それぞれでダイレクトリクルーティングの実施方法やメリット・デメリットが異なるので、自社に合った最適な方法を確認してみてください。

ダイレクトリクルーティングの種類別に、それぞれの実施方法と特徴を解説していきます。

SNS採用

SNS採用とは、ダイレクトリクルーティングをSNS上で行う採用活動です。

主に求人・採用情報投稿(対複数)とDM(対個人)の2種類のダイレクトリクルーティングがあります。

まずは、求職者に興味を持ってもらうために求人情報・採用情報を投稿してブランディング・マーケティングを行い、求職者を直接スカウトするDMでオファー採用に繋げましょう。

SNS採用ではDMで送るスカウトメールが重要になります。求職者や就活生に興味を持ってもらうために、返信率の高いスカウトメールのテンプレートを作成しておきましょう。

テンプレートがあればノウハウがない採用担当者でも、SNS採用を効率的に実施できます。

運営するSNSメディアを選定して、運営方法を話し合ってから、スカウトメールのテンプレートを作成してみてください。

データベース採用

データベース採用とは、求職者や就活生の情報が集められたダイレクトリクルーティングサービスを利用して、求職者に直接スカウトメールやオファーを送る方法です。

データベースには、登録している求職者の学歴や経歴・スキルなどダイレクトリクルーティングに必要な情報が集められています。データベースから検索をかけると、自社の募集条件に合う人材を効率的に探し出せるでしょう。

登録されている求職者に対してスカウトメールを送ってダイレクトリクルーティングを行うため、スカウトメールの文面・送信方法が重要になります。

複数の求職者に一斉送信で送る(対複数)スカウトメールと、特定の求職者に個別に送る(対個人)のスカウトメールを使い分けて、目的と用途に合ったダイレクトリクルーティングを行いましょう。

また、データベース採用ではスカウトメールのテンプレートを作成しておけば、業務をより効率化できます。

何回も送ることになるスカウトメールをテンプレートで用意しておけば、採用タスクを軽減して返信率を上げることができるのです。

対複数用と対個人用の2種類のテンプレートを作成して、データベース採用を行いましょう。

ダイレクトリクルーティングでテンプレートを活用するコツ

ダイレクトリクルーティングでテンプレートを活用するには、いくつかコツがあります。

テンプレートを活用してダイレクトリクルーティングを行う際のコツは以下の通りです。

  • ターゲット層を明確にする
  • 特別感を演出する
  • 自社の魅力を分かりやすく伝える
  • 入社後の良いイメージを伝える
  • スカウトする時間を考慮する

それぞれのコツを確認して、テンプレートを作成しましょう。

ターゲット層を明確にする

テンプレートを作成する前に、どのターゲット層にダイレクトリクルーティングを行うのか明確にしておきましょう。

年齢層・性別・学歴・職歴・希望条件など、採用ペルソナを想定してからテンプレートを作成することで、ターゲット層に響きやすいダイレクトリクルーティングを行えます。

また、ターゲット層の希望職種によって、ダイレクトリクルーティングのテンプレート内容は変える必要があるので、ターゲット層が求める需要を確認しておきましょう。

特別感を演出する

求職者は他社からもダイレクトリクルーティングをたくさん受けています。

ですから、他社からもダイレクトリクルーティングを受けている求職者を自社に振り向かせるための「特別感のあるスカウト文面」を作りましょう。

まずは、件名から興味を持ってもらい、スカウトメールを読んでもらうことが重要です。

メッセージ性・親近感・簡易性から、「このスカウトメールを見てみよう」と、興味付けしましょう。

本文では、冒頭で読み手の興味を惹き付けて、できるだけスカウトメールを読んでもらう工夫が求められます。

テンプレートを作成する際には、スカウトメールを最後まで読んでもらえないことを想定して、件名〜本文冒頭で読み手に興味付けを行えるよう、特別感を演出しましょう。

自社の魅力を分かりやすく伝える

テンプレートを作成する際には、自社の魅力を分かりやすくまとめておきましょう。

スカウトメールでしか分からない自社の魅力があれば、テンプレートに記載しておくといいでしょう。

会社概要に載っている内容は端的に紹介し、本当に伝えたい魅力をスカウト文面に掲載しておくことで、応募率を上げられます。

また、競合他社との差別化が図れる数字・オリジナリティを記載したり、読み手が「働いてみたい」と思う魅力を分かりやすく伝えたりできれば、更に集客力が上がるでしょう。

入社後の良いイメージを伝える

テンプレートを作る際の4つ目のコツは、入社後の良いイメージを伝えることです。

スカウトメールを受け取った求職者が、この会社で働きたいと思うようにテンプレート内容を工夫しましょう。

OBの声や求職者が不安に思っている疑問への回答など、求職者目線に立ってテンプレートを考えることで、求職者に興味を持ってもらいやすくなります。

入社後の良いイメージが伝わり、応募したくなるテンプレートを作ってみましょう。

スカウトする時間を考慮する

ダイレクトリクルーティングを成功させる5つ目のコツは、テンプレート内容を工夫するだけでなくスカウトメールを送る時間を考慮することが重要です。

朝の8〜9時台など通勤時間帯は既読率が高い傾向にあります。朝にスマホをチェックしない方や忙しい方向けに、帰りの通勤時間17〜18時台も既読率が高いのでおすすめです。

スカウトメールを送った時間をデータ化して、反響の良い時間を模索して効率的なダイレクトリクルーティングを実施しましょう。

ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作る際の注意点

ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作る際には、注意すべきポイントが3つあります。

  • 自社の自慢ばかりにならないようにする
  • ネガティブな言葉は使わない
  • テンプレート感を出さない

それぞれ3つのポイントに注意して、ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作成しましょう。

自社の自慢ばかりにならないようにする

スカウトメールが「自社の魅力自慢」になってしまうと、ダイレクトリクルーティングは失敗してしまいます。

魅力を伝えることは大切ですが、求職者が興味を持てない独りよがりのテンプレートを作っても意味がありません

自社の魅力を分かりやすく端的にまとめてテンプレートを作成しましょう。

ネガティブな言葉は使わない

テンプレートにネガティブな言葉が多いと、ダイレクトリクルーティングはうまくいかないでしょう。

ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作成する際には、ネガティブな言葉は使わず、ポジティブな言葉を使いましょう。

次のようなネガティブな言葉は、使用を避けてください。

  • 急募
  • 大量募集
  • 早期キャリアアップ
  • マルチタスク

誰にでも送っている、業務が過酷そうなイメージを与えてしまいます。

テンプレートに記載するなら、下記のようなポジティブな言葉を使用しましょう。

  • 年間休日126日以上
  • 定着率高
  • 有給消化率高
  • 残業少ない

スカウトメールを読んだ求職者が、働きたいとポジティブなイメージを与える言葉をテンプレートに使うとダイレクトリクルーティングが成功しやすいでしょう。

テンプレート感を出さない

ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作成する際には、誰にでも送っているテンプレート感を出さないよう注意しましょう。

一斉送信で送っているような、テンプレート感あるスカウトメールは読んでもらえません。「自分にだけ送られてきた」特別感のあるスカウトメールを作成して、求職者の興味を惹きましょう。

ダイレクトリクルーティングのテンプレート例

ダイレクトリクルーティングを行う際の、スカウトメールのテンプレート例を確認してみましょう。

新卒採用向けと中途採用向けで少しテンプレートを変える必要があります。

2種類のテンプレート例を参考に、ダイレクトリクルーティングを実施してみてください。

良いテンプレート例

まずは、ダイレクトリクルーティングが成功しやすいテンプレート例を確認してみましょう。

新卒・中途採用向けの2種類のテンプレートを解説していきます。

◆ 新卒スカウトメールテンプレート例

件名:【優先選考】○○様のプロフィールを拝見して、ぜひお話させていただきたいです!

本文:

はじめまして!株式会社○○の採用担当をしております○○と申します。

プロフィールを拝見し、好奇心とチャレンジ精神の旺盛な方だとお見受けしました!

学生時代のアルバイト経験、留学経験からさまざまな人と交流を持ち、違う価値観を取り入れる好奇心と柔軟性を備えた人材だと判断いたします。

自分の価値観だけでなく年齢や国籍にとらわれず、さまざまな人の価値観を取り入れられる柔軟性は今回募集している業務でも活かせる長所だと考えます。

またどのような相手でも円滑にコミュニケーションを取れる社交性、行動力は弊社が求める人物像にぴったりの素質です!

当社でも「枠にとらわれないクリエイティブな思考」を尊重して、より成長できる環境を提供しています。

あなたの強みを活かしご活躍いただきたいと思い、オファーしました。

弊社に昨年度入社した新入社員の中には、○○様と同じくオーストラリアに留学した経験がある社員も在籍しておりお話も合うのではないかと思います。

昨年度の新入社員は10名を採用しましたが、切磋琢磨してお互いを成長させ合う良い関係性を築き上げています。

おかげさまで、弊社の定着率は90%を超え、たくさんの社員に親しまれ愛される職場環境を提供しております。

○○様が入社した際には、ぜひ弊社の一員として社内に好奇心旺盛な性格で新しい風を吹き込んでいただければ幸いです。

詳しいお話をさせていただきたいので、○○様がお手隙の際にカジュアルな面談を実施させていただけないでしょうか?

次の日程でご都合の良い日時を、可能な限り複数選択していただければ幸いです。

スケジュール調整はもちろん、すぐに選考したい場合は選考のご用意を、まずは電話やオンライン面談など柔軟に対応させていただきます。

何かご不明点やご相談などありましたら、お気兼ねなくご連絡ください。

○○様からのご連絡お待ちしております。

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

◆ 中途採用スカウトメールテンプレート例

件名:【優先選考】○○様の経歴を拝見して、ぜひお話させていただきたいです!

本文:

はじめまして!株式会社○○の採用担当をしております○○と申します。

ご経歴に記載されている、〜〜プロジェクトでの○○を使った開発経験を拝見して

ぜひ一度お話する機会をいただきたくご連絡いたしました。

弊社で募集している○○職では、○○を使った開発経験を活かして活躍できると考えています。

また、過去にプロジェクトリーダーとして活躍されたご経歴から、責任感が強くマネジメント経験がある人材だとお見受けいたしました。

現在募集している採用枠は、○○様と同じように過去に別業種から転職していただいた中途採用の社員が、現在課長職を努めている部署での募集になります。

弊社に入社された際には、過去の経験を活かして後にはリーダー職・管理職を目指していただければ幸いです。

また、弊社では新卒・中途関わらず多くの社員が働きやすい環境だと感じられる「社員のワーク・ライフ・バランス満足度80%以上」を目標に掲げており、昨年度のアンケートでは満足度85%を達成いたしました!

他にも、育休・産休制度、有給消化率80%と仕事だけでなくプライベートを充実させるための福利厚生を充実させております。

ぜひ一度詳しいお話をさせていただきたいので、○○様がお手隙の際にカジュアルな面談を実施させていただけないでしょうか?

次の日程でご都合の良い日時を、可能な限り複数選択していただければ幸いです。

スケジュール調整はもちろん、すぐに選考したい場合は選考のご用意を、まずは電話やオンライン面談など柔軟に対応させていただきます。

何かご不明点やご相談などありましたら、お気兼ねなくご連絡ください。

○○様からのご連絡お待ちしております。

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

どちらのテンプレートでも、「あなたにだけ送っているスカウトメール」だと特別感を演出しています。

件名で、相手の名前とプロフィールを読んだ上で送っていることを伝えると、相手に興味を持っているのだとアピールになります。

また、求職者が質問しやすい、応募しやすいように選択肢を多くして、返信率・応募率を上げています。

企業の魅力は最小限に、詳しく聞くこともできるよう配慮して、求職者が応募しやすいテンプレートを作成してみましょう。

悪いテンプレート例

次のテンプレートは悪い例になります。

件名:20代で役職昇給可能!年収○○円〜急成長中のベンチャーで働こう!

本文:

こんにちは!○○株式会社の○○です!

・高い報酬が欲しい!
・自分の能力を正しく評価して欲しい!
・成長したい!

 現在の職場ではなく、新しい自分の理想を叶える職場を探していませんか?

 弊社では現在○○職の求人を大量募集しており、未経験の方でも性格・意欲重視で採用しております!

弊社は前年比○○%の急成長中のベンチャー企業です。創立してまだ○○年の新しい会社のため、20代でも能力がある優良な人材であれば惜しみなく役職へ昇給していただきます。

また、自分のスキルに自信がない方、これから成長していきたい方も一緒に育っていける環境を用意しております。

初任給から○○円を最低ラインとして担保しており、実力次第でどんどん年収をあげていくことができる夢の職場です。

少しでも興味を持てた方は、下記ホームページよりお問い合わせください。

たくさんのご応募お待ちしております。

誰にでも送っている一斉送信だと分かるテンプレートです。

能力次第や役職昇給が早いなどベンチャー感たっぷりで、安心感がないので応募率は低いでしょう。

誰でも応募できる職場は離職率が高そう、誰でもいいから応募してほしい感が強いので読み手にネガティブな印象を与えてしまいます。

また、質問や相談の記載が一切なく、ホームページから自分で応募しないといけないなど、求職者に対する気遣いが足りていません。

テンプレートを作成する時には、求職者目線に立って「応募したい」「働きたい」と思うスカウトメールを考えましょう。

テンプレートがあっても、ターゲット一人一人に個別文章を作成する工数が割けない、なかなか成果が出ないという場合は、スカウト代行サービスなどにアウトソースすることも効果的です。

すでにダイレクトリクルーティングを導入しているけれども効果的にできていない、スカウトメールの作成にパワーがかかりすぎる、などお困りの場合にはぜひ当社にご相談ください。

◆アールナインのスカウト代行サービスに関してはこちら!

◆アールナインへの問い合わせはこちら!

まとめ

ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作成しておけば、採用活動を効率化できます。

テンプレートを作成後は、ダイレクトリクルーティングの結果をデータ化して日々改良していくと、応募率を上げて採用ノウハウを培えます。

スカウト時間・件名・文面を改善して、応募者に刺さりやすい集客力あるテンプレートを作成しましょう。

ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作る際には、求職者目線に立って読んでみたい・応募したいと思う文面を心がけましょう。

まだダイレクトリクルーティングを実施していない企業は、テンプレートを用意してダイレクトリクルーティングを始めてみましょう。

【参照元】Direct Sourcing【ダイレクトリクルーティングシフト2020】開催レポート前半戦

【参照元】HR総研「キャリア採用に関する調査」結果報告 利用が広がる「リファラル採用」と「ダイレクトソーシング」

◆そもそもダイレクトリクルーティングとは?
・企業が求職者に向けて直接オファーやスカウトをして人材獲得を行う攻めの採用活動
なぜダイレクトリクルーティングが普及しているのか?
・SNSの普及と労働人口の減少による人材採用難が影響
◆採用担当者のノウハウ・経験が必要
・ノウハウがない企業はダイレクトリクルーティングのテンプレート作成が効果的
◆ダイレクトリクルーティングの種類
・SNS採用
・データベース採用
◆ダイレクトリクルーティングでテンプレートを活用するコツ
・ターゲット層を明確にする
・特別感を演出する
・自社の魅力を分かりやすく伝える
・入社後の良いイメージを伝える
・スカウトする時間を考慮する
◆ダイレクトリクルーティングのテンプレートを作る際の注意点
・自社の自慢ばかりにならないようにする
・ネガティブな言葉は使わない
・テンプレート感を出さない