人材紹介とは?特徴や仕組みを理解して利用を検討してみよう

人材紹介とは?特徴や仕組みを理解して利用を検討してみよう

人材紹介とは?特徴や仕組みを理解して利用を検討してみよう 640 427 株式会社アールナイン

採用活動をする時に「人材紹介」を利用していますか?

求人媒体と合わせてポピュラーな採用方法である人材紹介ですが、「そもそも人材紹介とは何か?」詳しく知らない方は少なくありません。

人材紹介を上手く活用できれば効率的に採用活動ができるだけでなく、無駄な採用コストを抑えることができるでしょう。

この記事では、人材紹介について、特徴や仕組みを詳しく解説していきます。

人材紹介のメリットとデメリット双方を解説していきますので、最後まで読んで採用活動の参考にしてみてください。

【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)

そもそも人材紹介とは?

人材紹介とは、厚生労働省から職業紹介事業者の認可を受けた人材紹介会社が、人材を必要としている企業に条件に合った求職者を紹介する制度です。

人手が足りなくなった企業が人材紹介会社に依頼して、条件に合った人材を探してもらいます。人材紹介は、条件に合う人材を人材紹介会社の登録者の中から推薦してもらえるので、求人媒体で募集をかけるより効率的に人材獲得が可能です。そのため求人媒体と並んで、多くの企業が利用しているオーソドックスな採用方法です。

紹介を受けた人材を必ず採用する必要はなく、従来の採用活動と同じく書類選考・面接をして選考できるので安心です。もちろん、紹介された求職者にも内定を受諾・拒否する権利があるので、企業と求職者双方の同意があって初めて採用となります。

また人材紹介を利用すれば、採用活動の一端を人材紹介会社に委託して採用タスクを軽減できることもおすすめする理由の1つです。

成果報酬型のため料金は後払い

人材紹介は成果報酬型のため、人材を探したり紹介したりする期間は無料で利用できます。

人材紹介は依頼した企業が紹介された求職者を採用し、初めて紹介手数料が発生する仕組みです。

つまり採用しない限り料金は発生しないので、安心して利用することができます。

求人媒体での採用活動では、応募の有無に関わらず掲載料金・広告費を支払わなければいけないので固定費が発生してしまうでしょう。しかし、人材紹介であれば成果に応じた費用だけ後払いで発生するので、採用費を管理しやすくなります。

採用費を支払うタイミングは、採用者が入社してからになるので無駄な出費を防げます。

また、契約内容によっては採用後すぐに紹介された人材が辞めた場合は、手数料の数%が返金される返金対応もあるので安心です。

無駄な採用費を抑えたい、費用に応じた人材獲得をしたい方は、人材紹介を検討してみましょう。

人材紹介と人材派遣の違い

人材紹介と人材派遣は混合されやすい人材業界のです。2つのサービスの違いは、主に雇用形態と雇用主に違いがあります。

人材紹介は直接雇用の正社員や契約社員、アルバイトの斡旋サービス

人材派遣は派遣会社に登録している派遣社員を一定期間、企業へ派遣する斡旋サービスです。

つまり、長期的な人材を確保したいなら人材紹介が向いており、産休や育休、繁忙期時など一定期間だけの人材を確保する場合は人材派遣がおすすめです。

また、人材紹介は雇入れとともに紹介料を支払いますが、人材派遣は派遣社員が働いた時間に合わせて派遣料金を支払うため実働制で料金が発生します。

人材紹介と人材派遣の違いは、雇用形態や、雇用主が企業側か派遣会社かといった点になりますので、用途と目的に応じて使い分けましょう。

人材紹介の種類

人材紹介は、大きく分けて以下の3種類に分かれます。

  • 一般紹介・登録型
  • サーチ型(エグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング)
  • アウトプレースメント型(再就職支援型)

それぞれ人材紹介の種類によって、強みと向いている用途が違うので自社の希望する人材を獲得できる紹介制度を利用してみましょう。

一般紹介・登録型

人材紹介の種類として最もポピュラーな方法として、一般紹介・登録型があります。

一般紹介・登録型とは、人材紹介会社に登録している求職者の中から、条件に当てはまる人材を紹介する方法です。

人材紹介会社に数多くいる登録者の中から条件に当てはまる人材を探せるので候補者が見つかりやすいでしょう。

人材紹介会社によって、得意としている業界や職種、年齢層など登録者層が異なります。できるだけ自社が求めるターゲット層が多く登録している人材紹介会社を利用すると、より候補者を見つけやすくなるでしょう。

サーチ型(エグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング)

サーチ型はエグゼクティブサーチ・ヘッドハンティングと呼ばれる方法で、人材紹介会社に登録している求職者以外の外部の人材から条件に合う人材を確保してくる方法です。

人材紹介会社に登録している求職者だけでは候補者が見つからない場合は、サーチ型の人材紹介を利用しましょう。

サーチ型は、外部の人材紹介会社、SNSからヘッドハンティングをして、条件に合う人材を探します。登録者以外の幅広いターゲット層に向けてアプローチするため、難しい条件の募集でも候補者を見つけやすいでしょう。

候補者が見つからない、採用活動が難航している場合は、サーチ型の人材紹介を利用してみましょう。

また、サーチ型の人材紹介は、場合によっては着手金と呼ばれる手数料が発生することもあるので利用前に契約内容を確認しておいてください。

アウトプレースメント型(再就職支援型)

アウトプレースメント型は再就職支援型と呼ばれる人材紹介です。

会社を定年退職、中途退職した人材をグループ会社や系列の会社に紹介する再就職支援制度のことで、再就職支援型とも呼ばれます。

アウトプレースメント型は、退職者の今後の生活を確保するため、企業が外部の人材紹介会社に再就職支援を依頼する方法です。

そのため、アウトプレースメント型で紹介される人材は定年を迎えた高齢者や中途退職者が多く、経験やスキルがある人材を見つけやすい傾向があります。

しかし、定年退職後の高齢者が多いので、長期雇用目的の採用活動には向いていません。

人材紹介を利用するメリット

人材紹介を利用する前に、使うことでどのようなメリットがあるのか、確認した上で利用を検討してみましょう。

人材紹介を使うメリットは以下の通りです。

  • 初期費用がかからない
  • 採用タスクを軽減できる
  • 効率よく人材採用ができる
  • 非公開求人を利用できる

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

初期費用がかからない

人材紹介は成功報酬型サービスのため、初期費用が必要ありません。

そのため料金を抑えたい、成果に応じて採用費を支払いたいといったケースにおすすめの採用活動です。

求人媒体で人材募集をする場合は、人が集まらなくても高い月額掲載料金を支払わなければいけません。しかし、人材紹介であれば成果に伴った紹介料だけを支払って人材獲得ができます。

紹介された求職者が紹介料に見合っていない場合は、採用しなければ料金が発生しないので安心です。

また人材紹介会社に依頼していても、自社で人材募集をかけることもできます。自社で人材を確保できれば、紹介料が発生しないので採用コストを大幅にカットできるでしょう。

採用タスクを軽減できる

人材紹介を利用すれば、採用担当者の採用タスクを軽減できます。採用タスクは、求人作成から応募者対応・選考など業務が多岐に渡り、膨大なタスクと人件費がかかってしまうでしょう。

しかし、人材紹介を利用すれば人材紹介会社に求人作成・応募者対応・選考など採用活動の一次対応を委託できます。そのため、採用担当者の業務を軽減して、他業務に手を回すことができるのです。

人材紹介を利用することで、採用タスクだけでなく人件費も軽減できることを覚えておきましょう。

効率よく人材採用ができる

人材紹介は、人材紹介会社が条件に合った人材を選抜して紹介してくれるので、自社で採用活動を行うより効率的に優秀な人材を確保できるでしょう。

求人掲載して人材募集を行うと、応募者が集まらず採用に繋がらない、もしくは募集が多くて膨大な手間が発生する可能性があります。

採用枠分の求職者を選考・採用するまでに、手間や労力、人件費を費やすことになるので企業としての生産性は低下してしまうのです。

しかし、人材紹介会社が条件に合う求職者を紹介してくれるので、採用活動を効率的に行えるようになります。

専門性の高い人材ほど人材紹介を使った方が、採用効率が高くなるので、募集内容によって人材紹介を利用すべきか検討してみましょう。

非公開求人を利用できる

人材募集をする際に、社内の人間や世間に募集状況、募集要項を知られたくない場合があります。

人材募集をしていることが社内の従業員に知れると、人の移り変わりや業績に関して不安を抱かせることもあります。

また、現在働いている従業員よりいい状況で募集をかけると、従業員が不満に思うかもしれません。

求人掲載で採用活動を行うと、外部の人間に募集要項を知られてしまう可能性があるので、細心の注意が求められます。

しかし、人材紹介では、求人を非公開・非社名で募集できるので、社内の従業員に募集していること、募集内容を知られる心配がありません。

人材紹介会社に登録している求職者にしか、閲覧できないように配慮してくれます。人材紹介は、社名を非公開のまま募集できるので、社内や外部に募集内容を知られたくない企業におすすめです。

非公開求人を利用できる

人材紹介を利用すると、メリットだけでなくデメリットも生じます。

メリットと合わせてデメリットを確認してから、人材紹介の利用を検討してみましょう。

人材紹介を使うデメリットは以下の通りです。

  • 採用コストが高い
  • 確実に採用できるとは限らない
  • 採用ノウハウが社内に培われない

採用コストが高い

人材紹介を利用するデメリットとして、採用コストの高さが挙げられます。

人材紹介手数料の相場は採用した人材の年収の30〜35%です。採用した人材の年収によって変わりますが、年収の30〜35%はかなり高額な採用コストになるでしょう。

例えば、年収400万円の人材を採用した場合は、120万〜140万円の手数料が発生することになります。

月額料金数十万円の求人掲載で1ヶ月に複数人の候補者が見つかれば、人材紹介より1人あたりの採用コストは安くなります。

採用しなければ費用がかからない人材紹介ですが、採用時には高額の費用がかかることを考慮して利用を検討してみましょう。

確実に採用できるとは限らない

人材紹介を利用しても、確実に採用できるとは限らないので注意しましょう。

人材紹介を利用すれば、人材紹介会社が求職者を連れてきてくれるので安心だと勘違いしてはいけません。

人材紹介会社はできる限り希望に寄り添った人材を探してくれますが、確実に条件に合う求職者を見つけられる保証はないのです。

また、候補者が見つかったとしても、人材紹介会社が連れてくる人材が、自社の求める人物像と異なる可能性があります。

人選のミスマッチを避けるために、人材紹介会社との打ち合わせで求める人物像・スキル・経歴などを詳しく相談しておくことが重要です。

候補者が集まりにくい場合には、条件の緩和も必要なので募集状況と合わせて人材紹介会社と相談してみましょう。

採用ノウハウが社内に培われない

人材紹介を利用した採用活動をすると、採用ノウハウが社内に培われません。

外部の人材紹介会社に採用活動を依頼する人材紹介では、社内の従業員が採用活動を行わないため採用ノウハウを築きにくいでしょう。

人材を獲得できたとしても、社内に採用ノウハウが培われていないため、今後も人材紹介を使わなければ、採用活動ができなくなります。

万が一、自社だけで採用活動を行おうとしても、採用ノウハウがないので採用活動が難航してしまうでしょう。

人材紹介を利用するとともに、自社でも採用ノウハウを培うための努力が求められます。

人材紹介を利用するべき状況とは?

人材紹介を利用するべきか悩んでいる方は、自社にとってなぜ人材紹介が必要な状況なのかについて考えてみましょう。

採用活動を円滑に進めるために、どのような企業や状況であれば人材紹介を使うべきか、使い時を確認しておきましょう。

下記のような企業、状況であれば人材紹介の利用をおすすめします。

  • 採用担当が忙しい
  • 採用ノウハウがない
  • 専門性の高い業種・職種を募集する
  • 急遽人手不足になった

採用担当が忙しい

採用担当者が忙しい場合は、人材紹介を利用してみましょう。

自社で採用活動を行えないほど採用担当者が多忙な場合、社内だけで採用活動を行うことは難しいことです。

採用担当者が忙しく、採用活動に手が回らない場合は外部の人材紹介会社に募集してもらいましょう。

採用ノウハウがない

自社で人材を募集する採用ノウハウがない場合は、どれだけ賢明に業務を続けても採用コストと時間を消費するだけです。

自社だけで人材を集められない場合は、専門の人材紹介会社に依頼してみましょう。

人材獲得を専門としている人材会社に、採用活動を依頼することで効率的に人材獲得ができます。

人材会社に依頼している間に、どのように求職者を集めているのか、募集要項や募集方法の見直しをして、自社でも採用ノウハウを培っていきましょう。

可能であれば人材紹介会社の担当者に、効率的な募集方法を聞いてみることも、採用ノウハウを培う1つの手段です。

専門性の高い業種・職種を募集する

専門性が高く、即戦力で活躍できる優秀な人材はなかなか集まりません。

どれだけ募集しても集まらない場合は、人材紹介会社に依頼してみましょう。

自社では見つけられない人材でも、膨大な登録者・採用ノウハウを持つ人材紹介会社であれば、候補者を見つけられる可能性は高くなるでしょう。

特に専門性の高い業種・職種を募集する際には、人材紹介会社に集めてもらう方が効率的に採用活動を行えます。

集まらない人材のために、いつまでも試行錯誤して労力や人件費を費やすより、候補者を見つけられる人材紹介会社に頼ってみましょう。

また、能力の高いエグゼクティブ人材は、人材紹介手数料が高い可能性があります。能力が高い、専門性が高い人材を紹介してもらう際には、採用コストを多めに見積もっておきましょう。

急遽人手不足になった

急な欠員、人手不足になった場合は、人材紹介がおすすめです。

産休や育休、突発的な欠員で、すぐにでも人材を獲得したい場合は、人材紹介会社に依頼しておきましょう。

人材紹介に依頼しながら自社でも募集をかけて、すぐにでも採用ができるよう準備しておきましょう。

人材紹介は、初期費用がかからないので、とりあえずお願いしておくだけでも損はありません。人材紹介、自社募集の2種類の採用活動を行うことで、1日でも早く人材を獲得できるように努めましょう。

まとめ

人材紹介は企業が求める人材を、人材紹介会社から紹介してもらう採用方法です。

成功報酬型サービスのため、初期費用がかからず採用した時にだけ費用が発生します。そのため、求人媒体で採用活動するよりも無駄な出費を減らして人材獲得ができるのです。

人材紹介を利用することで自社の採用タスクを軽減できますが、社内に採用ノウハウが培われないので人材紹介と並行して自社でも採用活動を行っておきましょう。

人材紹介を利用すべき状況は、忙しい時やすぐに人材を確保しなければいけない時、専門性の高い人材が欲しい時など、自社では集めきれない状況や迅速に人材獲得をしなければいけない状況です。

依頼するだけなら全く損はないサービスなので、人手不足の際には人材紹介を利用してみましょう。

【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
◆そもそも人材紹介とは?
・成果報酬型のため料金は後払い
・人材紹介と人材派遣の違い
◆人材紹介の種類
・一般紹介・登録型
・サーチ型(エグゼクティブサーチ・ヘッドハンティング)
・アウトプレースメント型(再就職支援型)
◆人材紹介を利用するメリット
・初期費用がかからない
・採用タスクを軽減できる
・効率よく人材採用ができる
・非公開求人を利用できる
◆非公開求人を利用できる
・採用コストが高い
・確実に採用できるとは限らない
・採用ノウハウが社内に培われない
◆人材紹介を利用するべき状況とは?
・採用担当が忙しい
・採用ノウハウがない
・専門性の高い業種・職種を募集する
・急遽人手不足になった