【人事必見】人材紹介の成功事例 推薦数8倍を実現した秘訣

【人事必見】人材紹介の成功事例 推薦数8倍を実現した秘訣

【人事必見】人材紹介の成功事例 推薦数8倍を実現した秘訣 640 427 株式会社アールナイン

「人材紹介を取り入れているが、成果が薄い気がする…」

「人材紹介運用の理想の形や、成果がでる秘策を知りたい」

このように、他社を真似てなんとなく人材紹介を採用手法に取り入れてはいるものの、満足のいく運用ができていないという人事担当者の方は多いのではないでしょうか。

「人材紹介サービスと契約さえすれば採用力は上がる」と考える人事担当者の方もいるかもしれませんが、実際はそのように単純ではありません。

今回は、理想とする人材紹介の運用方法や効率を劇的にアップする方法などについて解説いたします。

現在、なんとなく人材紹介を利用しているという担当者の方も、今回の記事を参考にして人材紹介の運用効率を劇的に変えていきましょう。

【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)

人材紹介運用で理想とする状態

まずは、人材紹介運用での理想とする状態について解説していきます。

運用を改善するためには、ゴールから逆算して考えていくことが重要です。

運用のゴールとなる理想の状態を整理していきましょう。

母集団形成に必要な人員数を紹介してもらえる

理想とする状態の一つ目は、必要な人員数を紹介してもらえることです。

人材紹介を利用する最大の目的は、求職者の紹介です。

必要な時に必要な人員数を紹介してもらえなければ、人材紹介サービスと契約している意味はありません。

しかし、実際は様々な課題により「人材紹介から必要数の求職者を紹介してもらえない…」と頭を抱える人事担当者が多いのも事実です。

人材紹介を運用する担当者は、常に必要人員数の紹介を確保できる状態を作っていく必要があります。

必要な要件の人材を紹介してもらえる

必要な要件の人材を紹介してもらえるというのも、目指すべき理想の状態です。

数多くの人材を紹介してもらっても、要件が合っていない求職者であれば採用にはつながりません。

そのため、自社が欲しい人材の要件を人材紹介担当者が理解できるように伝えていく必要があります。

これも理屈では簡単なように聞こえますが、実際は、人材紹介の担当者へ欲しい人材の要件をズレなく伝えるためにはノウハウが必要です。

自社で採用要件をしっかりと整理したうえで、人材紹介担当者にわかりやすく伝え、人材紹介担当者が採用要件を満たした人材を安定して紹介してくれる状態を作らなければなりません。

人材紹介担当者と深い信頼関係を築けている

人材紹介担当者と深い信頼関係を築けているというのも、目指すべき理想の状態です。

欲しい人材を継続して紹介してもらうためには、人材紹介担当者と深い信頼関係を構築しておかなければなりません。

そのためには、人材紹介担当者とのコミュニケーションが鍵となります。

加えて、着実に採用人員を増やしていくことで、人材紹介側に利益を与えることも重要です。

目先の運用だけでなく、長期的な視点で安定した運用ができるように、人材紹介担当者との信頼関係を構築していきましょう。

人材紹介の運用効率を高めるには、自社を「注力企業」に入れてもらう必要がある

続いて、人材紹介の運用効率を高めるポイントについて解説していきます。

人材紹介の運用をするうえでは、人材紹介担当者に自社のことを「注力したい企業」「注力するべき価値のある企業」と認識してもらうことが必要です。

ここでは、注力企業についての説明と、注力企業に入れてもらうためのポイントについて解説していきます。

「注力企業」とは

注力企業とは、人材紹介担当者が扱っている企業の中でも特に力を注いでいる企業のことを指します。

通常、人材紹介担当者は100社〜200社ほどの企業案件を抱えているといわれていますが、その中で人材紹介担当者が注力企業に入れるのは全体の1割程度とされています。

人材紹介担当者も仕事である以上、利益に結びつきそうな企業に注力して、結果を求めるのは当然のことです。

人材紹介運用の効率を高めるためには、この注力企業に入れてもらうことが大きな鍵となります。

「注力企業」に入れてもらうための7つのポイント

人材紹介担当者に自社を注力企業に入れてもらうためには、以下のようなポイントを押さえる必要があります。

企業ブランディングができている

企業ブランディングが確立されていて、認知度が高く良いイメージが定着している企業は人材紹介担当者も積極的に求職者に紹介したくなります。

認知度が低い企業の場合、どうしても求職者の興味も低くなりがちです。

採用活動の成果を上げるために、SNSや自社サイトなどを活用して企業ブランディングを行っていくことも大切です。

紹介手数料が高い案件である

人材紹介担当者も仕事である以上、利益を考えるため紹介手数料が高い案件を紹介したいと考えます。

紹介手数料は、企業と人材紹介会社との契約内容にもよりますが、採用する人材の年収が高いほど紹介手数料も高くなることが一般的です。

この要素に関しては、人事担当者がコントロールできることは少ないのですが、そのような傾向があることは頭に入れておきましょう。

採用人数が多い案件である

採用人数が多い案件に関しても、人材紹介担当者は優先して紹介したいと考えます。

採用人数が増えることで、人材紹介会社の利益が大きくなるためです。

こちらも人事担当者がコントロールできることではないのですが、大量採用の案件でなくても、長期的に人材紹介を通した採用人数の実績を積み上げていくことで、先方の印象も変わります。

採用活動の目的が明確であり、納得度が高い

採用活動の目的が明確で、納得度の高いと思える案件に関しては、人材紹介担当者も積極的に紹介したいと考えます。

「⚪︎⚪︎という理由があるため、▲▲のような人材を獲得したい」というように、採用活動の目的が明確な案件であれば、条件にあった求職者を探しやすく求職者へも納得感のある紹介をすることができます。

必要な情報が伝えられている

求職者に案件を紹介するうえで、人材紹介担当者に必要な情報が揃っているというのも重要なポイントです。

情報が不足している場合、求職者へ満足な説明ができず、企業へ確認する手間が生じる可能性もあるため、人材紹介担当者は積極的に紹介したいとは思いません。

採用プロセスの進め方、採用した場合の入社時期、企業が優先すべき要素など、必要な情報が伝えられているというのは、紹介したくなるための必須の条件です。

スピーディーに選考を進める企業

選考をスピーディーに進める企業は、人材紹介担当者も積極的に紹介したいと考えます。

選考結果に時間がかかると、採用率が下がったり、人材紹介担当者が企業に確認をする手間が生じたりとマイナスポイントが発生します。

自社担当者はスピーディーに選考を進めていくことを意識する必要があります。

過去にマッチングした求職者の満足度が高い

過去にマッチングした求職者の満足度が高い企業は、人材紹介担当者も積極的に紹介したいと考えます。

人材紹介担当者は、企業と求職者の双方が良い結果となるマッチングをゴールとしています。

そのため、過去にマッチングした求職者の満足度が高い企業は、次もマッチング成功の可能性が高いと考え、積極的に紹介されることが多いです。

エージェントコントロールを活用して運用効率を劇的にアップ

続いて、運用効率を劇的にアップする具体的な方法について解説していきます。

結論から言えば、人材紹介運用は「エージェントコントロール」を活用することで劇的に変わります。

ここでは、エージェントコントロールの概要や、エージェントコントロールを活用する理由について解説していきます。

エージェントコントロールとは

エージェントコントロールとは、自社と人材紹介会社の間に入り、自社担当者に代わって人材紹介運用全般を代行してくれるサービスです。

運用効率を最大化するためには、人材紹介担当者とのコミュニケーションの質を高める必要があります。

エージェントコントロールの担当者が人材紹介担当者とのやりとりを代行することにより、ノウハウを活かした的確なコミュニケーションで運用を進めることができます。

また、自社担当者のリソースが確保されるため、自社担当者はよりコアな業務に注力することができるようになります。

エージェントコントロールが代行してくれる業務

エージェントコントロールサービスでは、以下のような人材紹介運用に関わる業務全般を代行してくれます。

  • 自社にあった人材紹介会社の選定
  • 人材紹介会社との採用要件定義
  • 人材紹介担当者へのフィードバック、ヒアリング
  • 人材紹介サービスで掲載する求人内容の確認
  • 人材紹介担当者との選考プロセスに応じた情報共有
  • 人材紹介向け説明会の企画、実施
  • 人材紹介各社のパフォーマンス管理

これらの業務を、自社と契約する人材紹介会社すべてと対応してくれるため、人材紹介各社の動きを把握し、一元管理することが可能となります。

人材紹介担当者とのコミュニケーションのプロ

エージェントコントロールの担当者は、数多くの人材紹介会社と関係を築き、担当者とのコミュニケーションを経験しています。

そのため、どのような情報が人材紹介担当者には必要か、どのようなタイミングで、どのような伝え方をするべきかなど、人材紹介担当者とのコミュニケーションのノウハウを熟知しています。

自社の意向や魅力を人材紹介担当者にしっかりと伝えてくれて、人材紹介側の本音を引き出してくれることは大きな助けとなります。

人材紹介担当者と深い信頼関係を築くことで、注力企業に入れてもらえる

エージェントコントロールを活用し、コミュニケーションの質が改善されることで、人材紹介担当者が持つ自社への印象も変わります。

エージェントコントロール担当者は、前述した注力企業に入れてもらうための要素を熟知しているため、要領を押さえた的確なコミュニケーションをとり、人材紹介担当者と信頼関係を築くことが可能です。

その結果、人材紹介担当者の注力企業に入れてもらう可能性が高くなり、運用効率アップへとつながります。

エージェントコントロールを活用した成功事例

最後に、エージェントコントロールを活用した成功事例をご紹介いたします。

人材紹介を自社だけで運用する場合、様々な課題に直面することがありますが、エージェントコントロールを利用することで解決できます。

まずはひとつ、弊社がご支援した事例をご紹介します。

【課題】

一刻も早い採用を希望しているが、求める要件が高いのかなかなか推薦が上がってこず、マンパワーも足りていない。

【原因】

採用要件が高いことから推薦者の面接通過率が非常に低い。エージェント側も「どうせ受からないなら推薦しなくても…」となかば諦めの状況にあった。

【解決】

エージェントコントロールを得意とする弊社が、人材紹介マネジメントのノウハウを生かしてエージェントとの関係修復に成功。エージェントと改善点を共有してアドバイスも行うことで、エージェントからの推薦数は月間30人から240人と8倍に!採用決定数もコンスタントに1~3名を継続できています。

自社担当者のリソース不足を解消した成功事例

【課題】

自社担当者が人材紹介運用で手一杯となり、他のコア業務に着手することができない。

【原因】

自社に人材紹介運用をする十分なリソースがない。

【解決】

エージェントコントロールを活用することにより、人材紹介運用全般を任せることができ、その結果、自社担当者のリソースを確保することができました。

面接の質を高めることや、採用活動の大枠を調整することなど、自社担当者が採用のコア業務に注力することが可能となりました。

ニッチな業界の人材獲得を成功させた成功事例

【課題】

人材紹介を利用していたが、ニッチな業界のため求める人材を紹介してもらえない。

【原因】

利用する人材紹介サービスには、求める人材が集まらない。

【解決】

この事例では、エージェントコントロール担当者からのアドバイスをもとに業界特化型の人材紹介サービスへ切り替えたことにより課題が解決されました。

各人材紹介サービスで、集まる求職者の特徴は異なります。

そのため、求める人材がどのサービスに集まりやすいかを知っている、エージェントコントロールサービスを活用することで採用成功へとつながりました。

まとめ

今回は、理想とする人材紹介の運用方法や人材紹介担当者に注力企業に入れてもらうポイント、エージェントコントロールを活用した成功事例などについて解説いたしました。

人材紹介の運用効率を最大限高めるためには、人材紹介担当者に注力企業として認識してもらうことが大切です。

自社担当者が人材紹介担当者と深い関係性を築いていく方法もありますが、もし、自社にスキルやノウハウがない場合は、エージェントコントロールを活用して最短で運用効率を上げていくのがベストな方法です。

この記事の内容を参考に自社の状況を一度整理し、外部への委託という手段も活用して、人材紹介の運用効率を劇的にアップさせていきましょう。

【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
【中途採用】転職エージェントの活用度チェックシート (エクセルフォーマット)
◆人材紹介運用で理想とする状態
・母集団形成に必要な人員数を紹介してもらえる
・必要な要件の人材を紹介してもらえる
・人材紹介担当者と深い信頼関係を築けている
◆人材紹介の運用効率を高めるには、自社を「注力企業」に入れてもらう必要がある
・「注力企業」とは
・「注力企業」に入れてもらうための7つのポイント
◆エージェントコントロールを活用して運用効率を劇的にアップ
・エージェントコントロールが代行してくれる業務
・人材紹介担当者とのコミュニケーションのプロ
・人材紹介担当者と深い信頼関係を築くことで、注力企業に入れてもらえる
◆エージェントコントロールを活用した成功事例
・推薦数UPを実現した成功事例
・自社担当者のリソース不足を解消した成功事例
・ニッチな業界の人材獲得を成功させた成功事例